自分のうつ病度をテストできるCES-Dをご紹介します。

脳

自分のうつ病度をテストする手法として、米国 国立精神衛生研究所疫学センターのレノール·ラドロフが考案したうつ病度を試すテストがあり、広く普及しています。

CES-D (Center for Epidemiological Studies-Depression 疫学センターうつ病度テスト)と呼ばれるこのテストはうつ病のあらゆる症状をカバーしています。ここ一週間の間に自分が感じたのにもっとも近いものを〇で囲んでください。(なしならA:0点、1~2日あったならB:1点、3~4日あったならC:2点、5日以上ならD:3点を選択してください。)

CES-D

CES-1

CES2

CES3

 

CES-Dの点数結果と考え方

高い点を取ったからといって、ただちにうつ病にかかっていると診断されるわけではありません。診断は、症状がどのくらいの期間続いているかなど他の要素も加味した上で、お医者さんが下す形になります。このテストはむしろ現在の時点でのなうつ度を示すものです。

得点が0から9までであれば、アメリカ人成人の平均値よりも低く、うつ状態ではない。10から16の間であれば、軽いうつの傾向がある。16から20ならば中程度のうつ状態にある。20を超えていれば重度のうつ状態である可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です