10年鬱を患って分かった、うつ病改善に読書を活用する方法

dokusyo

10年鬱を患って分かった、うつ病改善に読書を活用する方法

抗不安薬だけで、うつ病を治すことは難しい

うつ病を治療するために、まず心療内科に通院して抗不安薬の服用を始めることは、回復への第一歩であることは、間違いありません。

しかしながら、10年間うつ病とお付き合いしてきた私の経験から言わせてもらえば、以前の生活を取り戻すことを、薬だけに頼って実現する事は、非常に難しいと思います。

当時の私は、処方されてた薬だけを服用し、あとはボーっとしていました(休日は家でボーッとする、何も考えずゲームする、できるだけ疲れないよう休日はずっと家でゴロゴロする)。

それで、回復したか?というと、当たり前ですが根本的な対処になっていないので、なかなか回復の実感が得られないませんでした。少し良くなったかなと思っても、またしんどくなるの繰り返しでした。

こんな生活を10年繰り返して、ようやく薬だけに頼っても治らないという結論に至りました。

ちなみに、うつ病は、ストレスによって神経伝達物質が不足し、脳の思考回路がうまく働かないことが原因であることが、証明されています。

うつ病時に、処方される抗不安薬とは、簡単にいってしまえば神経伝達物質の代わりに作用する物資で、それにより脳の思考回路を無理やり動かし、不安や落ち込みから強制的に回復させるものです。

要するに薬は対処療法に過ぎないのです。

本当に根本的な回復を目指すのであれば、うつ病の原因となったストレスの部分に対してなんらかの対処をすべきなのです。

この根本的に回復するという事を、精神科医は決して教えてくれません。

カウンセリング

なぜなら、精神科医の仕事は患者のメンタル状況を聞いて、その患者に効果があると思われる薬を処方する事だからです。

患者が抱えるストレス要因(人間関係や仕事のトラブル)を取り除くことや、うつ病の再発を防ぐための助言等では、診療報酬は得られません。なので、予防やストレス軽減に積極的な精神科医は、あまりいません。

 

つまり、漠然と「お医者さんに任せておけば大丈夫」と考えていた私は、大馬鹿野郎であったという事です。

しば

私が通院していた心療内科の医師は、患者を抱えすぎて親身になる時間がないのか、治療に対する方針説明等は全くありませんでした。

 

何を聞いても「そうですか。」とった感じで、眠れないといえば、薬の量や種類を増やす事を提案し、好調であることを伝えると「これまでどおりやってください」といった回答が返ってきます。

 

途中からお医者さんのことは、自分にあった薬を提供してくれる人といった程度の認識に変わりました。

 

対処療法ではなく、根本的な治癒を目指すべき。読書はその手段の1つです

こんな風に10年間、ずっと低空飛行を続けていた私ですが、40歳を目前にして、「このままだと、何もしないで人生が終わってしまう」というあせりが生まれて、うつ病と決別すべく、とりあえず、巷で良いと言われている事を片っ端から試すを事始めました。

 

自分に残りの時間があまりないことを自覚することで、ようやく行動に移すことができるようになったのです。

 

うつ病の10年間、ほとんど読書をしない生活を送っていた私ですが、読書を試しに再開させることにしました。
たまたま「人生うまく行く人の感情リセット術 著 樺沢紫苑」と出会って、この状況から脱却するには、『自分の考え方や固執を捨て、考え方や習慣を抜本的に変えないといけない』と考えを変える気持ちになれたのです。

 


結局、うつ病を改善する為には、生活習慣改善、ストレスに対する心の在り方、物事に対する考え方、運動、瞑想等々、様々な手段があります。

まずは、うつ病を改善するには、様々な対処方法を知る事、そしてそれを試してみる事が重要です。試してみて、自分に効果のあったこと、これを継続していく。これしかありません。

読書をすることで、新しい手法を知ることができ、おまけに行動のモチベーションも高めてくれます。そういう意味でも、読書はうつ病の改善と相性がいいと思います。

例えば、私の場合は、『脳を鍛えるには運動しかない』という本に出合う事ができたおかげで、うつ病の改善に対して運動という方法を選択し、さらにそのモチベーションを維持したまま、習慣化する事ができました。

「やっぱり、うつ病の改善には、うつ病関係の本を読めばいいの?」と思った方がおられると思います。

読書は、自分の興味のあることを最優先にすればいいと思います。意図的に『うつ病だから、うつ病を本を読まなきゃ』と思う必要はありません。

読書

あなたの生活にプラスの影響を与えてくれるなら、それは小説でも、漫画でも別になんだってOKです。

私自身は、メンタルヘルスや自己啓発関係の本を読みながら、うつ病の再発に効果のありそうな事を、メモして実践していくというスタイルをとっています。

関連記事

book うつ病の再発予防に読書は効果があります おすすめ本 5選

うつ病改善に読書を活用する方法(習慣化し記憶に定着させる)

うつ病改善に読書を活用するためには、読書は習慣化し、さらに記憶に定着させないといけません。

一時的に本を読んでもすぐ忘れてしまいます。また、読んだ内容を実践して初めて意味がある読書になると思います。

この記憶に定着させるという事は結構難しくて、過去に読書アプリとスマホのメモ機能を使った、記憶方法をお伝えしたので、ご紹介します。

関連記事
私の場合は、本から得られる知恵を求めて、読書を毎日30分、1ヶ月で7冊読むことにしましまた。(読書を習慣化している日本人は意外と少なく、1月あたり7冊の読書で上位4% になります)
また、読書の効率を少しでも上げる為、まず自分がたくさん読みたい分野の本を、集中的に何冊か読んでいます。
そうすると、その分野の知識が効率的に蓄積され、何冊かの本を終わった頃には、その分野の概要が理解できている状態になります。
2021年6月時点で200冊くらい読破する事ができました。ブクログで私が読んだ本(うつ病や仕事をする上で、役立った本のランク分けとコメントもちょこちょこ掲載しています宜しかったら参考にしてください。)ブクログ https://booklog.jp/users/sibainu1116

 

読書で始める新習慣

繰り返しになりますが、今までの考え方や習慣に課題があったから、うつ病になった。なので読書を通して自分の考え方やライフスタイルをよりポジティブなものに矯正し、最終的には習慣化する必要があります。

 

逆に言えば、行動につながらない読書は完全に無駄です。記憶に残らず、自分の考え方や習慣に影響も与えず、単純に無駄に時間を費やしたということになってしまいます。

この習慣化する内容というのは、人によって異なります。
もし、あなたがうつ病を改善したいならば、あなた自身が読書を通して、自分にとって最適なな行動を見つけて、さらに行動したいという気持ちを高める事が必要です。
大丈夫ですきっと、見つかります。
私が習慣化したこと
  • 週3回 1回30分の有酸素運動
  • 毎日5分の筋トレ
  • 毎日5分のマインドフルネス
  • 通勤は自転車から徒歩に変更(毎日1万歩あるく、昼休みも歩く)
  • 週3回ブログの更新

 

ちなみに、単純に読書を6分間するだけでも、ストレスが7割も軽減されるそうです(イギリスのサセックス大学の調査による)。

本に書いてある、うつ病に効果があると思えることは真似をして、自分に合うものであれば継続して習慣化する、『読書で始める新習慣』一緒に実践してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です