無料版ストレングスファインダーと噂されるグッドポイント診断は、ストレングス・ファインダーと一致するのか?それぞれの違いと精度を比較検証します

rikunabi next

ストレングス・ファインダーとは?

34の資質のうち、自分の資質をWEB上で確認できる、自己分析ツール。自分の上位5つの資質を調べる場合は、書籍 ストレングス・ファインダー2.0やストレングスリーダーシップの(定価約2,000円)の付属コードでチェックが可能。34資質全部を調べる場合は、ギャラップ社のホームページ上で、5,850円を支払いチェックが可能。

詳しく、知りたいかは、こちらをどうぞ。

ストレングスファインダー 本当にやる意味ある??中間管理職のアラフォーおっさんでもストレングス・ファインダー2.0をやる価値はあるのか??テストの正確性を検証します。

ストレングス・ファインダーを無料で又は割引きで受けることは可能か?

無料でのチェックは不可能です。唯一、安く受験する方法としては、多少リスクはありますが、メルカリなどのフリマアプリで、コード未使用を保証している、ストレングス・ファインダー2.0やストレングスリーダーシップを購入する方法があります。過去に800円でコード保証のストレングス・ファインダー2.0が売られていました。出品者任せなので、いつ購入できるかは不明ですが、気長に待てる方には、おススメです。

メルカリ

メルカリ2

無料版ストレングスファインダーと噂されるグッドポイント診断とは

まずは、グッドポイント診断を受けるにはリクナビNEXTへの登録が必要

登録が完了し、トップページにアクセス。転職ノウハウ欄の一番下に、転職サポートコンテンツの下にグッドポイント診断が出てくるので、これをクリック。

goodpoint01

対象となる資質(強み)は、18種類

「グッドポイント診断」では、あなたの志向を分析する質問を通じて、18種類の強みのうち5つを診断。診断結果は8568通りもあり、あなたの個性をつかむことができます。すでに自分でも分かっていた“納得”の強みもあれば、“意外”に感じる強みもあるかもしれません。(引用:リクナビNEXT)

親密性(じっくりつきあう)

現実志向 (実現可能性にこだわる)

慎重性 (掘り下げて考える)

冷静沈着 (いつもクール)

自己信頼 (信じた道を突き進む)

俊敏性(スピード第一)

受容力 (広く受け入れる)

バランス (全体を考える)

継続力(決めたらとことん)

社交性 (360°オープン)

挑戦心 (高い目標もクリア)

悠然 (ゆったり構える)

高揚性 (ノリがよい)

感受性(場の雰囲気を感じ取る)

柔軟性 (あれこれトライ)

自立 (常に主体的)

独創性(オリジナリティあふれる)

決断力 (迷わず決める)

しば

診断に必要な時間は30分程度設問数は3部構成で293問)で、1人につき、1回限りなので注意が必要です。

ストレングスファインダーと異なり、資質の名称で訳の分からないというものは、ありません。その代わり、18種類とストレングスファインダーの34種類の半分くらいです。

グッドポイント診断とストレングス・ファインダーとの比較

テスト結果の比較(どの程度一致するのか)

ストレングスファインダーの上位5つとグッドポイント診断の結果を比較すると、5つの資質の内、色付きで示した3つの資質は一致しました。一方で、最乗寺志向と内省については、グッドポイント診断には見当たりません。

率直な感想としては「質問の切り口が違うので、一致しないこともあるのかなぁ」といった感じです。少なくとも、冷静沈着なタイプではないと自分では感じているので、ストレングス・ファインダーの方が、納得感は高いです。

hikakuhyou

しば

ストレングスファインダーとグッドポイント診断の一致率は約6割という結果でした。個人的な感覚では、ストレングス・ファインダーの方が、テスト結果の精度・正確性が高い気がします。

 

徹底検証 どちらのテストが優れているのか

グッドポイント診断
質問数・内容
(4.5)
費用(無料)
(4.0)
分析結果の正確性
(3.5)
レポートの充実
(2.0)
ストレングスファインダー
質問数・内容
(2.5)
費用(有料)
(3.0)
分析結果の正確性
(4.0)
レポートの充実
(4.0)

質問数・内容

グッドポイント診断293問で質問内容が平易で分かりやすかったのに対して、ストレングスファインダーは、177問で質問内容がわかりにくく(和訳が全然ダメなので意味が分かりにくく、サクサク答えられないケースがある)、1つの質問に対して制限時間が20秒なので、時間的に焦りながら回答しなくてはならないので注意が必要です。

※所要時間は、グッドポイント診断が30分~40分、ストレングス・ファインダーは40~50分かかります。

費用

グッドポイント診断0円、ストレングスファインダー約2,000円(書籍付き)になります。グッドポイント診断は、0円で利用できるのですが、リクナビNEXTへの登録が面倒な所がマイナスです。

分析結果の正確性

あくまで私の場合なので、客観性に欠けますが個人的には、ストレングスファインダーの方が、自身が考える資質と一致していました。一致率で評価してみると、グッドポイント診断が5項目中4つが一致、ストレングスファインダーが5項目中5つが一致しました。

レポートの充実

ストレングスファインダー一択です。テスト結果として、以下のレポートが得られます。日本語訳にやや難ありですが、どのような行動をとれば資質を伸ばしていけるかについても、きっちりと言及されている素晴らしいレポートだと思います。

  • 「自分だけの特徴的な資質」レポート4ページ&「強みの洞察ガイド」 7ページ
  • 「強みに基づくリーダーシップ」レポート4ページ&「強みに基づくリーダーシップガイド」19ページ

ストレングスファインダーには、資質とその説明がありますが、行動のにつながるような深いレポートは提供されません(得られる内容は、下段の私の診断結果を参照してください)。ここら辺が無料と有料の違いかなと思います。

 

しば

自分にどんな資質があるのか、手軽に確認したいだけなら「グッドポイント診断」で充分です。

詳細に自己の強みを分析し、行動につなげていきたいのなら、「ストレングスファインダー」がおススメ。

 

補足 しばのグッドポイント診断の結果

テスト結果ですが、こんな感じになりました参考まで。

test1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です