一喜一憂しないこと|うつ病における減薬の注意点

aki

うつ病から回復期にある人なら、誰しも減薬と断薬を最終的なゴールにします。かつて私もそうでした。

以前と100%同じ自分に戻るには、『薬を飲んではいけない、薬に頼ってはいけない』と自分で勝手に制約を作り出し、減薬できない自分を責めて、落ち込んだりしていました。

うつ病発症から10年が経過して、うつ病は寛解しましたが、今でも、薬とはお付き合いを続けています(量は、1/4くらいになりました)。

焦りは禁物です、一歩づつ歩みを進めれば、以前と変わらない平穏な日常は戻ってきます。それで充分じゃないでしょうか?薬を過剰に排除しようとしなくてもいいのでは?

私自身の経験だと、薬を減らそうと変に意識するより、うつ病を受け入れて、調子が良ければ減らしてもいいかなぁぐらいのスタンスで減薬をするとうまくいきます。

今回は、減薬をテーマにどうすれば減薬できるのかを書きたいと思います。

一喜一憂しないこと|うつ病における減薬の注意点

うつ病を患っている人なら誰でも、以前の自分に戻りたい、その為には減薬と断薬が必須であると考えがちではないでしょうか?

実際私がそうでした、薬を飲んでいるから、自分はまだ、100%の状態ではなく、薬が不要になる=うつ病から完治と捉えていました。

減薬は本当の目的ではない

薬の服用を軸に自分が回復しているのかを考えるのは、やめた方がいいです。その思考の枠組みから一旦離れるべきです。

うつ病の寛解には、① あなたに心理的な負担を与える原因をなくす、または② その原因に対する対処法を手に入れるしか方法はありません。これらの本質的な対処ができて初めて、社会生活や家庭生活の水準を戻すこと、そして高める事できます。

薬を減らすことは、その過程の中で動き出す一つの付随的な要素であって、本質的な事ではありません。

また、無理して薬を減らそうとするのは、その反動がキツイです。

自分の場合は、薬を一旦やめた時は、頭の回転が急に鈍くなり、ボーッとして深い思考が全くできなくなりました。

いわゆる離脱症状だと思いますが、スムーズに言葉が、出なくなるのでコミュニケーションに事欠く状況になりました。

薬は少しずつ減らす事で、離脱症状なしで減薬できるので、その点はご安心ください。安全に減らしたい人は、主治医と相談を。

mokuhyou

減薬にこだわるのではなく、回復にこだわるべき

私の場合は、うつ病を患って、10年がたち、減薬=寛解の固定観念から抜けだすことができました。

今の薬に対する考え方は「日々の社会生活が営めて、家族が幸せであれば、薬の有無は気にしない、不安が出てきそうな予兆があれば、柔軟に量を増やして飲む」です。

うつ病を患っている人なら、誰しもが「減薬して、楽しい人生を取り戻したい」と思っていいるのではないでしょうか?私も過去はそうでした。

自分の中で、人生を楽しむことは、今でも最も大切な目標ですが、薬の減薬については、優先順位が圧倒的に下がりました。

薬については、減らせたらいいけど、日々の生活を平穏に過ごす為には、無理して減らせなくてもいいと考えるようになりました。ある意味、薬について受け入れることができたのだと思います。

減薬が進んだは、この薬を受け入れる心境になってからであり、そこに至るまでには、長い時間(7年間)を要しました。私の減薬に対する考え方や対応が反面教師として誰かのお役に立てば幸いです。

デパス(エチゾラム)の減薬には、相当時間がかかり、調子のいい日に、半錠にするなどして、年単位の時間をかけて減らしました。急に減らすと頭がボーッとし集中できないなどの影響がありました。

抗不安薬の減薬について
結局のところ、薬を受け入れるような心境になって初めて、減薬が進む。薬を嫌なもので、敵であると考えているうちは、どうしても無理な減薬しがちになるので、結局、減薬は進まない。

 

減薬について精神科医は頼りになるのか

精神科医の先生は、減薬を薦めてくる事は、恐らくほとんどないでしょう。

医師は、メンタル不調が再発するデメリットと減薬で得られるものを天秤にかけた場合、リスクが大きすぎると判断します。

患者サイドから「減薬をしたい」と明確な意思表示をしなければ、適切なアドバイスは得られないでしょう。

私自身も10年通院していますが、1度たりとも精神科医から減薬に関する助言やアドバイス、提案を受けたことがありません。

精神科医=薬剤師に近いです。薬を処方し、その薬が患者に効果があるのであれば、彼らの仕事はそこで終わりです。減薬について、過去に自分から相談したこともありましたが、医師からは、『無理のない範囲でやってください。』という助言しか得られませんでした。

MEMO
精神科医は抗不安薬を処方する専門家ですが、減薬に対しては、適切なアドバイスが得られない場合があります。減薬を主体的に進めるのであれば、時には自身で情報を調べて行動する必要があります。

理想的な減薬と断薬

理想的なのは、運動やマインドフルネス、読書を通じて、いつの間にか飲むのを忘れてた。コレです。減薬にとらわれず、薬を受け入れることで、この状況に持っていくことができます。

ここに至るまでに必要なことは、薬を減らす事への恐怖心を払拭する事です。

薬を減らすとメンタル不調になるかもしれないという恐怖心を克服するのです。

薬を飲むのが習慣になっているなら、メンタルがベストな時に、ちょっとだけ減らしてみて様子を見て、大丈夫ならまた減らすを繰り返しましょう。

土日は、1週間のうちで最もストレスが少ない日だと思います。私は、まず土日に減薬をはじめ、平日に広げていきました。

メンタル的にしんどい時や、ストレスが強くかかった場合は、無理せず薬の量を戻しましょう。

拘らないこと、これが大切です。薬を減らすのは、第二の目標である事を忘れずに、一喜一憂せず、そういうものだと受け入れてください。継続は力なり、皆さんの努力を応援しています。

私の減薬方法(メモ)

今も、平日は1日3回デパス(エチゾラム)を服用しています。調子が良い時は、1回だけとか2回だけの日もあります。休日は、ほとんど飲むことはなくなってきました。服用する量もだいぶ減らすことができ、1回あたり0.125mgです。

処方されるデパス錠は、1mg、0.5mg、0.25mgの3種類なので、医師に相談して0.25mgを処方してもらい、それを自分で半分に割って服用しています。(1回に服用する量を10年かけて徐々に減らすことで離脱症状がでないようになりました。)

 

0年目(発症時点)~3年目まで
デパス0.5mgを1日3回
うつ病の服薬ですが、 最初に処方されたのが、デパス0.5mgを朝、昼、晩1錠ずつでした。服用すると薬の影響で、すごく記憶力が鈍ってしまい、仕事中もボーっとしてしまう時がありました。気分的には良い時と悪い時を繰り返します。最初の揺り戻しが非常に大きく絶望したことを覚えています。一言でいえば一進一退、そんな状態が3年くらい続きました。当時は、時々押し寄せてくる不安が怖くて、減薬という事を考えることができませんでした。そんな中でも体調の良い時には、外出したり、子供と遊んだりしていました。
4年目~6年目
デパス0.25mgを1日3回
精神的に安定してきたことから、薬の量を減らしたいという、気持ちが強くなってきて、気分が上手向きな時に、薬を半錠にして飲むようにしました。逆に調子の悪い時は、薬を1錠にするなどして、自分で量をコントロールしながら、徐々に減らしていきました。前述の通り医師には特に相談せず、結果と状況は報告をしていました(伝えたところで、そうですかと返事があったのみです)。なので、0.5mgから0.25mgの錠剤に変えて欲しい事だけを伝えました。 この頃、薬を全く飲まない事に、何度か挑戦していますが、逆に頭がぼーっとしてしまい、仕事に集中できなくなり業務に支障が出たため、一旦諦めていました。いわゆる離脱症状だったのでしょう、なので完全断薬はもっと減薬してから実行する事にしました。もちろん減薬しても、業務からくる不安で一時的に服用量を0.5mgに戻すなど柔軟に対応していました。
7年目~現在
0.125mgを1日3回
症状がだいぶ安定したこともあり、服用量を1回あたり0.125ミリグラムにしました。
このことで、1つ劇的に変わったことがあります。それは、記憶力とひらめきの回復です。特に記憶力については、これまで読書をしても、内容が全然入ってこなかったのですが、再び吸収できるようになり、嬉しく思うとともに、自信の回復につながりました。ようやくうつ病以前の生活が戻りつつある事を感じています。さらに、土日など仕事のプレッシャーがかからないような日tについては、さらに減薬したり全く服用しないようにしたりと色々と試しています。今後は、無理なくできる範囲で、断薬に入っていこうと考えています 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です