我が家の3人目の息子が、このままでは保育所に入れないそうです(制度的な矛盾について)

fumin

保育所の入園が円滑に行くかは死活問題

共働きの世代にとって、子供の保育所入園がスムーズにいくのか?いかないのか?は死活問題ですよね。小学校に子供が入学すると、あの朝のバタバタ感は大分解消されます。私の家庭でも、3人子供がおり、真ん中の娘の時にも苦労しましたが、一番下の息子の保育所入所が、今のところ定員に空きがないため、入園できないと自治体からいわれています。

我が家のケース(ここが困った)次女の場合

一番目の娘の反省を踏まえ3歳児クラスで入園を探しました。

一番上の娘の時には、妻には育休を1年取ってもらって、その後復帰という流れていきましたが、2歳児で保育所に入園させるのは、親として心苦しかったです。

一番上の姉は、2月末に生まれたので、周りの子供と比較して体格差がありすぎて、誰かに噛みつかれた歯型をつけて、家に帰ってくるという事も時々ありました。また、抵抗力も弱かったので、よく風邪ももらってきました。(最初の1カ月は半分も登園できず、このままでは私か妻がどちらかかが仕事辞めないといけないと、本気でなやみました)

説明が長くなりましたが、こういう経験をしているからこそ、2番目の娘については妻に約2年育休をとってもらい、保育所を探すことにしました。

3歳児クラスでの入園を検討している人なら経験している方も多いと思うのですが、3歳児クラスというのは基本募集していません。(2歳でほぼ定員が埋まり、追加募集しない園が多いため)なので、保育所探しは、すごく難航しました。

保育所の入園については、私が住んでいる自治体では、その家庭の状況をポイント化し、優先順位が決定されます。一番ポイントが高いのが、一人親世帯とのことです。ポイント数が同点の場合は、申し込みが早い者が優先になります。

当時、姉がすでに保育所に入園していたため、ポイントに兄弟加算がされて、なんとか保育所に入ることができました。途中、自治体の子育て部門の職員さんから、家から離れた保育所を薦められるなど、紆余曲折しましたが、何とか自宅近くの保育所に入園できました。

ただし、姉妹が同じ園に入園できなかったため、送迎の負担が2倍、行事の負担が2倍で当時、うつ病の一番つらい時期であった私は、体がしびれて送迎できないなど、本当に大変だったことを覚えています。

あと、保育所のお迎えのデッドラインは19時です。普通に正社員をしている人なら誰でも分かると思いますが、毎日19時に自宅に帰ってこられるような、職場はあまりないと思います。私も妻もこのお迎えの部分については、実家の祖父母の力を借りてなんとか対処していました。

我が家のケース(ここが困った)長男の場合

兄弟加算がなく(姉妹はすでに2人とも小学生なので)、3歳児への入園を希望しているため、現時点では自治体からは近所には空きがないと言われています。一応、車で30分程度の距離の保育所(駅の方向とは逆の場所に立地)については、空いているとの回答をもらっています。

仕事と保育所の送迎を両立させるには、この30分の距離は、正直に厳しすぎます。(家から保育所で30分⇒保育所から自宅で30分⇒自宅から駅⇒15分でトータル75分)自治体サイドでは、保育所入所希望者に対して、円の定員の空きで待機児童数を算定しているようですが、上記のようなケースで泣く泣く諦めた人も多いと思います。

今は、自宅の近辺の保育所で転園希望者が出てくるのを待っている状況です。(優先順位2番との事なので、これも望み薄です)30代、40代は家庭生活だけでなく、仕事でも業務の中核を担い、残業時間が非常に長い世帯であると認識しています。

正直何とかして欲しい。このままでは、我が家は持ちません・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です