終わった保育所落ちた・・・。仕方がないので、幼稚園の預かり延長で乗り切ろうとしたら、「先生が、常時ついておかないとダメなお子さんなので、検討させてほしい」と断られた・・・どうしろと。

chi

しば

令和2年10月現在、3人目の、息子が保育所に入れないで右往左往しました。2人目の娘の時も、保育所がどうしても見つからなくて、会社の人事部に「保育所が見つからなくて、会社を休んだらどうなります?」と相談しに行ったら「3歳を超えているので、制度がないから無断欠勤扱いになります」とサラッとクビになりかけたことがあります。

今回も、保育所ジプシーをしたので、その時のエピソードをご紹介します。実はまだ解決していません。

 

保育所に入れず、七転八倒しました・・・経過まとめ

令和2年8月から復帰予定だったが、保育所がみつからず、息子が3歳になるまでの10月末まで妻の育休を延長。

再度、保育所を探すも、見つからないので、妻の勤務時間を時短勤務にしてもらって、近所の私立幼稚園(軍隊式)の預かり保育で対応する作戦に変更。

幼稚園で慣らし預かりが始まる。2日の登園で、息子から表情が消え、様子が変になる・・・。

3日目に、幼稚園から「先生が常時ついておかないとダメなお子さんなので、預かりは、検討させてほしい。17時迄の預かりなら可能」という電話が・・・。

仕方がないので、自宅から遠い保育所を探し始めるが、妻が時短勤務にしたことで、保育所選考の持ち点が減ったこと事が判明。パニックに・・・。

なんとか自宅から離れた駅前の小規模保育園が見つかるが、2歳児までしか受け入れていないので、この3月までしか利用できない・・・。

4月以降に入所を希望する園(2つ)の入園順位が6位であることを知る。(ちなみに、3歳児から受け入れ数が増加することはない)⇒絶望

令和2年4月からほ保育所ジプシーが決定。

 

しば

正直、3人目ということで、色々と無償になる制度が、新設されていましたが、こと我が家については、金銭的な部分は、求めていません(そりゃ、あったらいいけどさ)。

そんなんいらんから、近所の徒歩圏内に3つも保育所があるねんから、どこかに入れるようにしてほしい。どれも定員超過ってどういうことよ。

さらに、加えて言わせてもらえば、公立の幼稚園も2歳児の預かり始めたらいいねん・・・。全然足りてないし、幼保一元化で、預かりもできるねんからさ(実際に、近所の私立幼稚園はやってる)。コロナ禍で、GDPが下がるから対策が必要とか言っているのに、なんで保育所増えへんの?

就業する人口を少しでも増やしたいなら、最賃を上げるよりも、どうせ20年も30年も働けない、65歳以上の定年を延長するよりも、子育て世代が安心して働きに行ける環境を作る方が、一番効果的やんか・・・。頼むでホンマに。

 

 

2番目の時も感じたけど、保育所の優先順位の精度は、矛盾がいっぱいやし、市の職員は人によって知識量が全然違う。正直、前の担当者と今の担当者の言っている事が違うことがありました・・・。

 

こっちは生活掛ってんねんから、市役所は、職員にもっと勉強させるか、そもそも受け答えもまともにできない奴は採用しないでほしい。少なくとも、使えない職員は保育の部署には回さないで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です