メルカリと自治体の図書予約サービスの活用方法

図書館

何故読書をおススメするのか

うつ病になる原因に、ストレスにより脳内の神経伝達物資が減少し、思考回路が固定化する事が挙げられます。(ストレスでニューロンが成長しない)。それにより、不安な思考を繰り返してしまう事になります。

脳内神経伝達物質を増やすためには運動もおススメです。以下の記事を参考にどうぞ。

うんどう 科学的エビデンスが詰まった「脳を鍛えるには運動しかない」に学ぶうつ病を改善させる最も効果的な有酸素運動の頻度と強度

この不安感から抜け出すためには、新しい知識を入れて、不安に対処する方法を学ぶこと、新たな思考回路をつくって、思考がそちらに向かうようにしなければなりません。

そのために、一番効果的な方法は読書であると断言する事ができます。

MEMO
読書を通して新しい知識を得えて、新しい思考回路をつくることで、従来の不安引き起こす思考回路を脇に追いやることができる。

私も、うつ病であった約10年、ほとんど読書はストップしていましたが、2019年11月からゲームを一切やめて、代わりに読書する事にしました。

2020年7月現在、読書数は85冊です。毎月7冊程度の読書を行う事を目標にしています。特に7冊に意味はないですが、日本人で毎月本を7冊以上読む人は全体の4%程度との情報を書籍で得て、「じゃあそれを目標にやってやろう」という気になったことと、内容をしっかり理解して記憶にとどめて読める限界が大体7冊ぐらいなので、今のペースが自分にとってベストだと思っています。

ジャンルは、特に問わず(自己啓発やうつ病の予防や心理学の分野が多いかな)、自分が興味を持てる分野を中心に知識を集めています。

メルカリと自治体の図書館の活用方法

本は、不思議な商品で、価値のある本でも、全く内容のない無価値な本であっても、同じような値段で販売されています。価値のある本とは、その人の置かれた状況や考え方によって異なるため、売れている本=あなたにとって価値のある本とは限りません。アマゾンのレビューや書評などを参考に、たくさんの本を読めば、そのうちに出会えることができます。

空振りする事を前提に、ある程度の冊数を読むことで、ヒットやホームランを狙う必要があるのです。

なので、お小遣いの少ない、サラリーマンはお金をかけず、たくさんの本を読むという事を考えなければなりません。私がメインで、利用しているのはメルカリと図書館です。

イメージは、読みたい本が見つかるとメルカリで、まず検索します500円以下の本なら、すぐ購入し、それ以上の価格帯になっている本であれば、図書館の蔵書検索サービスで検索し、ヒットすれば予約するという方法をとっています。

この方法だと、非常に財布に優しく、たくさんの本を読むことができます。さらに、コストをあまりかけていないので、本の内容が万が一つまらない内容であった場合、途中で読む行為をやめることが出来ます。この読むのをやめるという行為は自分の貴重な時間を活用するという観点では非常に大切な行為であると思っています。

なお、私の経験で言うと、購入する場合と借りる場合が1対1です。

MEMO
メルカリで500円以下なら即購入。それ以上の金額なら自治体の図書館の予約サービスで借りて読む。読書にお金を掛けなければ、万が一その本が詰まらなくても、途中で読書をやめることができる。

自治体の図書館について

前段で触れた、予約サービスですが、あなたのお住いの市町村では、どのような図書サービスが提供されていますか?

予私の自治体には、市内に図書館1館とその分室が複数館あります。私の自宅から近いのは、分館ですが、蔵書が少ない上に、古いので利用するしたことはほとんどありませんでした。

一方で、図書館には、新書や蔵書が多数ありますが、自宅から遠く、毎週通う事は現実的ではありません。そのような状況だったので、自治体の図書館利用をこれまでずーっと敬遠してきました。

たまたま、予約サービスを知ることができて、フル活用させてもらっています。

オンライン予約の良いところ

予約サービスについては、オンラインでいつでも予約できる。自分の好きなジャンルの本に絞って借りることができる。本の受け取りや返却が、近くの公共施設や分館ですることができる。

本の貸し借りという作業が圧倒的に便利になります。もしあなたのお住いの自治体で提供されているならば絶対に活用すべきです。

私の住んでいる自治体では、1人12冊迄予約ができることなっていますので、できるだけ素早く予約を入れ、予約の待ち時間を減らすように工夫をしています。

予約の待ち期間を減らす方法
新着図書の紹介が図書館から毎月発行されていると思いますが、それを活用して、周りの人たちが予約する前に、予約サービスで押される方法をとっています。早い段階で予約を入れることで待ち時間が短縮されます。

読んだ本の管理について

読んだ本については、要点をメモして、アプリで管理すると便利です。毎月どれくらい読書できているのか?自分の中での良書とは何だったのか?どんな気づきが得られたのかをメモして保存してください。時々見返すとベスト。

私はブクログというアプリを使っています。

iphoneはこちらから

androidはこちらから

ブクログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です