忙しくても、共働きでも、自分の時間(自己啓発や趣味の時間)必要です。時間を確保する方法

time

自分の時間や趣味の時間の必要性

自分の時間(自己啓発や趣味の時間)は、皆さんどれくらい確保できていますか?私も、うつ病を患っていた10年間は、ほぼ仕事の事・時々家庭のことのみに時間を費やしてきました。

結果、少々の家族との思い出ができましたが、それ以外は何も残せていません。今振り返ると、自分の10年に意味はあったのだろうかという、後悔の念に駆られてしまいます。

恐らく、仕事が生きがいで趣味も兼ねているといった、理想的な人生を歩んでいる人以外は、私と同じような気持ちを多少なりと持っていると思います。

仕事のため、家族のためだけに自分の時間を使う事は、非常に尊いことですが、それだけだと自分が何のために生まれてきたのか?生きる意味や目的を見失い、いつの間にか年齢だけが増えてしまうという事になりかねません。

さらに、踏み込んでいえば、仕事や家族に対してのみ時間を使っていると、自己成長が全くできません。(外見は40代なのに、知識レベルは20代で止まったまま、なんてことになりかねません。)私の場合は、20代の頃は読書をして、知識を蓄え、仕事に還元するという枠組みができていましたが、結婚して子供が生まれて、うつ病になってからは、そういった余裕は全く失われ、それまでの知識の貯金で仕事をするようになってしまいました。

当然ながら、色々な刺激を受けていないと自分の中から新しいアイディアが産まれる頻度が減り、仕事の成果が目減りするという悪循環に陥りました。

10年間、仕事や家族の事だけをしてきた(しなかった)私の結論は、仕事や家族から解放され、心をリフレッシュする時間(趣味)、自分を高める(自己啓発)行為は、自分の生産性を上げるためにも、仕事や家族に還元するためにも必要であると、考えます。

どうやって時間を確保するのか

仕事や家族の為だけに時間を使ってきた人間が、自由に使える時間といえば早起きしかありません。新しい、時間を捻出するのです。私の場合は、テレビやゲームを完全にやめて、11時30分に就寝、6時に起床して、毎日(土日もです)1時間を捻出しています。この生活リズムを守るために、飲酒も完全にやめました。

何かを始めるには、何かを捨てないといけません。時間は24時間しかないのですから、自分で時間的なスペースをつくらない限りは、新しい習慣を始めることはできません。

※ただし、私の場合、この生活ができているのは、妻が育休中であるからだと思っています。復帰後は、どうなるかわかりません。読書やブログをどうするか?暗中模索する事になるでしょう。

捻出した時間で何をすべきか?効率的な時間の使い方

自身が、これまでやりたくてもできなかった事にチャレンジする良い機会だと思います。私の場合は、この朝の1時間を使ってブログとジョギングをしています。月・水・金・日がブログ、火・木・土がジョギング・読書というように予定を事前に組むことで、悩む時間をなくし、すぐ行動に移れるようにしています。

これらに加えて、自分の中での優先順位を決めておくことが重要です。私の場合、① 運動 ② 読書 ③ブログの順で考えています。今後、時間の捻出が難しくなれば、順位の高いものを優先的に取り組んでいくことを考えています。

これらに取り組んだ結果、毎日、充実感・達成感が得られますし、副次的なものだと思いますが、朝仕事に行くのが嫌だという気持ちが対象なりとも小さくなりました。おそらく、仕事以外に意識がフォーカスされたためだと思います。

なんにせよ、好循環が回り始めたことを実感しています。

余談ですが、継続するには無理のない範囲で取り組むことも重要です。私の場合は、ブログは週3回くらい更新できたらいいなぁ、ランニングも1回で4キロ位走りたいなぁと、無理せずゆるく目標を設定し、継続できるよう取り組んでいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です