【昇進試験 対策本】読む価値あり『昇進・昇格試験実問集 | 一般常識問題からプレゼン型試験まで』を解説します

mondaisyuu

 

結論
小論文や人事・労務・管理(マネジメント)分野の選択記述が課される人には、価値のある本。出題傾向を把握するための参考になる。

昇進試験の参考書は、意外と世間的には出回っていなくて、数冊しかありません(例外的に公務員の昇進試験の参考書はたくさん出版されています。)。

しかも分野が偏っていたり、内容が古かったりと、問題点も多いです。

なので、参考書に手を出す前に、自分が属している組織で出題された過去問を手にいれて、その傾向を分析し、頻出分野をしっかり勉強しておくというのが、昇進試験の正攻法になります。

では、この手の参考書は、全く価値がないのかというと、そうではありません。

人事・労務・管理の3つ分野は、どんな職種でも、大体共通なので、参考書からこれらの分野の出題傾向を把握し、エッセンスとして抽出し、勉強に活用するという使い方ができます。

今回は、『昇進・昇格試験実問集 | 一般常識問題からプレゼン型試験まで』の重要なエッセンス(今の時代でも通用する部分)を抜き出して、情報提供していきたいと思います。

どの分野を勉強すればよいか、お悩みの方は、参考にしてもらえれば。

本書に掲載されている 上場30社の昇進試験出題傾向

概要分析

今でも通用するエッセンスだけ抽出し、出題傾向を分析しました。

小論文が圧倒的に出題される傾向が高くて、30社のうち25社(出題率83.3%)が、職位に関わらず、なんらかの小論文を課していました。

ちなみに、出題されるテーマは、『自身が所属する組織の課題について、昇進したらどう改善できるか?』が、出題割合としては圧倒的に多くて(約8割)どの会社でも出題されていました。

小論文以外に出題される傾向が高かったのは、選択式の筆記で30社のうち6社(出題率20.0%)

人事・労務・管理・時事(一般常識)が問われるような問題が多いようです(頻出キーワードは後程解説します)。

その他には、プレゼンや専門分野の解説を求めるパターン、インバスケットを課すケース等が課されるものもありましたが、圧倒的に少数派です。

出題傾向

出題傾向

しば

公平な試験を実施するとなると、どの部署でも解答できるような、無難なテーマになることが確認できます。

 

以下の記事リンクでは、実際に私が、職場の課題と解決をテーマに小論文を書いてみたので、書き出しなどを参考にしていただけたら・・・

参考記事解答例文つき 昇進・昇格試験(論文編)| 職場の課題解決について

小論文における頻出テーマ

繰り返しになりますが、上場30社における小論文における頻出テーマですが、圧倒的に『課題と対策』になります。

下位職(主任、係長)への昇進試験であれば、実務を担う人間として、業務レベルの課題と対策が問われます。

上位職(課長、部長)であれば部署や会社のビジョンを担う人間として、事業レベルで論じることが求められます。

なお、『課題と対策』をテーマ以外にどのような分野が出題されているのか、以下のとおり分類したので、余力があれば、他のテーマでも、練習で論文を書いてみることをおススメします。

小論文 頻出テーマ | N=56

テーマカテゴリ 出題数 割合
課題と対策 26 46.4%
事業戦略 9 16.1%
ビジョン・抱負 9 16.1%
業務の進め方 4 7.1%
マネジメント 3 5.4%
コンプライアンス 2 3.6%
人材育成 2 3.6%
SDGs 1 1.8%

小論文 出題数

参考 分析元データ

社名 出題形態 出題分野 出題内容
富士重工業 小論文 課題と対策 当社にとって、影響の大きい環境の変化とその想定されるリスク。そのリスクに対してあなたが取るべきアクションは
三井物産 小論文 課題と対策 所属組織のあるべき姿について、あなたは何をどのように変革していくのか
三井物産 小論文 課題と対策 所属組織において変革すべきことと、あなたが果たすべき役割について
三井物産 小論文 課題と対策 所属組織でリーダーシップとチームワークを発揮するため、あなたは何に挑戦するのか具体的に述べよ
山武 小論文 課題と対策 所属組織の目標とあなたが果たすべき役割
オムロン 小論文 小論文 部門目標を達成するために、あなたが取り組むべき目標を3点あげなさい
帝国データバンク 小論文 課題と対策 顧客価値の向上について、これまで取り組んできたことと、今後どう取り組んでいくのかについて
帝国データバンク 小論文 業務の進め方 これまでの業務で、最も成果をあげたこと、創意工夫したことを挙げなさい
帝国データバンク 小論文 マネジメント ネガティブな社員への働きかけは必要か?自身の考えを述べなさい
帝国データバンク 小論文 コンプライアンス なぜルールを守る必要があるのか?ルールを守るために自身は何をするのか
帝国データバンク 小論文 業務の進め方 仕事で最も成果を上げたことは何か
帝国データバンク 小論文 業務の進め方 仕事で最も大切にしていることは何か
帝国データバンク 小論文 業務の進め方 仕事を効率的に進めるために何を大切にしているか
タダノ 小論文 ビジョン・抱負 管理職として取り組みたい課題は何か
タダノ 小論文 課題と対策 部門の使命とあなたがすべきこと
三井化学 小論文 課題と対策 経営目標達成に向けたあなたの部門の課題とその対策について
三井化学 小論文 マネジメント 職場に浸透させたい行動指針とは
三井化学 小論文 課題と対策 自身がチャレンジしたい内容と方針について
三井化学 小論文 コンプライアンス 職場で起こりうる、社会から信頼を失う可能性のあるリスクや課題を1つ挙げ、対策を述べよ
丸紅 小論文 事業戦略 担当分野の現状分析と、中長期的な事業戦略について
丸紅 小論文 事業戦略 持続的に成長していくために、中長期的に取り組むべきビジネスの構想について(立場にこだわらず述べよ)
丸紅 小論文 課題と対策 担当業務の課題と対策
マブチモーター 小論文 課題と対策 自身の職場の課題と対策を提案せよ
マブチモーター 小論文 課題と対策 自身の専門性に基づき自身の職場の課題と対策を提案せよ
マブチモーター 小論文 課題と対策 グループの年次目標を述べよ、それに寄与する担当業務を2つ挙げ、その課題と対策を記述せよ
クラレ 小論文 ビジョン・抱負 ドラッカーの経営職を参考に、あなたが管理職として部門にどう貢献していくのか述べよ
クラレ 小論文 課題と対策 現在のビジネス環境があなたの職場に与える影響を述べよ。そして取るべき対策を述べよ。
クラレ 小論文 ビジョン・抱負 昇進したら何をどうするのか、記述せよ
日本ガイシ 小論文 課題と対策 事業所総会で掲げられた経営課題について、あなたの業務に深いものを選び、課題と解決策を具体的に記述せよ
近畿日本ツーリスト 小論文 ビジョン・抱負 会社の経営方針を踏まえた上で、自らの役割の中でどのようにリーダーシップを発揮し、成果を上げようとするのか?
近畿日本ツーリスト 小論文 課題と対策 社のブランド価値向上のために、必要なことは何か?具体的に述べよ
サッポロビール 小論文 課題と対策 あなたの部署の役割とそのために解決すべき課題を述べよ
静岡ガス 小論文 課題と対策 我が社として、今後取り組むべきことについて
静岡ガス 小論文 課題と対策 これまでの経験と、プロフェッショナルとしての今後の課題について
静岡ガス 小論文 課題と対策 現場の課題とその解決に向けて、あなたが果たすべき役割について
三菱マテリアル 小論文 人材育成 企業を支える人材の確保と育成
三菱マテリアル 小論文 組織論 現場力を高めるには
ミツミ電機 小論文 ビジョン・抱負 管理職として自分が果たすべき役割
ミツミ電機 小論文 事業戦略 選択と集中
ミツミ電機 小論文 事業戦略 5年後の我が社のあるべき姿
コーセー 小論文 事業戦略 中期経営計画の課題を踏まえて、自部門の改革と自部門以外の改革について述べよ
キャタピラージャパン 小論文 事業戦略 他者との差別化、ブランド化のためにどうすればよいか
キャタピラージャパン 小論文 事業戦略 製品のコスト・品質を向上させるためにどうすればよいか
キャタピラージャパン 小論文 事業戦略 継続的な成長と利益の確保
キャタピラージャパン 小論文 人材育成 高度な知能と変革意識を有する人材をどう育成するのか
キャタピラージャパン 小論文 SDGs SDGS 環境の保護をどうすのか
ジーエス・ユアサコーポレーション 小論文 課題と対策 あなたが達成すべき課題と対策、実現するにあたって発揮すべき役割を述べよ
古河電気工業 小論文 課題と対策 これまでの業績と、今後の取り組むべき課題
古河電気工業 小論文 ビジョン・抱負 これまで、取り組んだ仕事の中で、もっとも組織に貢献した仕事は何か
古河電気工業 小論文 ビジョン・抱負 業務上の実績と今後の抱負を述べよ
モロゾフ 小論文 課題と対策 職場の課題と対策
モロゾフ 小論文 ビジョン・抱負 これまで、取り組んだ仕事の中で、もっとも組織に貢献した仕事は何か
リョービ 小論文 課題と対策 職場の課題と対策、どうやってPDCAを回すのか
荏原製作所 小論文 課題と対策 職場の課題と対策
帝人 小論文 課題と対策 職場の課題と対策
セイコーインスツル 小論文 ビジョン・抱負 差別化できる私の強み

選択記述式での頻出キーワード(順不動)

  • マネジメントプロセス
  • OJTとは何か
  • CSR
  • 就業規則
  • 5W2Hとは
  • 職場における情報の管理方法について
  • コンピテンシー
  • トレーサビリティ
  • 情報セキュリティ
  • 内部統制
  • コンプライアンス
  • EMS
  • 論理的思考
  • PL法
  • コンセプチュアルスキル
  • ヒューマンスキル
  • テクニカルスキル
  • アカウンタビリティ
  • 労働安全衛生法
  • 育児・介護休業法
  • パートタイム労働法
  • カニバリゼーション
  • コアコンピタンス
  • サスティナビリティ
  • カーボンオフセット

しば

需要がありそうなら、用語解説も後日したいと思っています

本書の基本情報

いつ書かれた本・誰が書いた本

2009年(平成21年)10月に日本経団連より出版

何が書いてある?読むべき項目はどこ?

上場30社の昇進基準と昇進試験が記載されている。何の前書きもなく、いきなり会社名と試験内容が掲示されているので、私は四季報かと誤解しました。

以下Amazonより引用

 

各社で実施された管理職登用・専門職昇格試験などを役職別、資格別に編集しました。資格役職体系、試験対象者や試験内容および時間、判定基準などの実施要領から、一般常識、専門分野の問題と解答例、論文や課題レポートのテーマのほか、プレゼンテーションの試験までを収録しました。

実務担当者の必携書として、またビジネスマンが出題傾向をつかむための試験対策本として活用できます。

〈収録企業〉

富士重工業/三井物産/山武/オムロン/帝国データバンク/ニコン/タダノ/三井化学/丸紅/共和/マブチモーター/クラレ/日本ガイシ/近畿日本ツーリスト/サッポロビール/静岡ガス/三菱マテリアル/ミツミ電機/コーセー/キャタピラージャパン/生活協同組合コープとうきょう/ジーエス・ユアサコーポレーション/日本化薬/古河電気工業/モロゾフ/リョービ/マエダ/荏原製作所/帝人/セイコーインスツル

買うべき?

勉強に割く時間が充分にあるなら買ってもよいかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です