うつ病になるのと病気になる以前の自分に戻ることは難しい?

hikari

うつ病から寛解しても以前の自分に戻ることは難しいのか?

結論から、先に言うと非常に難しいと思います。今のあなたの考え方を、形作っているのは、これまであなたが、何を経験してきたのか?どんな判断をしてきたのか?どんな状況の時にどんな感情が生まれたのか?あなたの行動とその結果の積み重ねです。

うつ病という、人生の中で非常に大きな経験をして、考え方が変化しない、そんなことはあり得ません。プラスの面やマイナスの面(こちらの方が大きいでしょうが)、それぞれの面から何らかの影響が絶対にあります。

私の場合 こんな考え方の変化がありました

私の場合も、うつ病から回復してから考え方に大きな変化が生まれました。仕事が忙しくなったときに、自分はこの業務に耐えられるのか?また心の落ち込みを経験するんじゃないかと不安になります。以前に比べ、物事を悲観的に見てしまい、良くも悪くも、自分が今抱えている、不安やストレスに敏感になりました。

3月や4月の年度初めのバタバタする状況下では、すぐ睡眠も浅くなるし、食欲はなくなくし、不安な気持ちは出てくるし、色んな影響がすぐでてしまいます、昔はこんなことはなかったのになぁと悔しく思うこともあります。

また、以前は多少業務が多忙になっても、無理をしてヘロヘロになりながら仕事をしていましたが、今ではそういう無理はしません(できません)。心情的なブレーキが自動でかかるようになりました。感覚的になりますが、以前の70%から80%くらいの業務負荷しか、耐えられなくなったと思います。

今では、自分はうつ病を経験して、考え方が変わり、そういう人間であると受け入れることができました。以前の自分と比較する事は減ったと思います。

うつ病を受け入れることが大切
うつ病を経験する事で、不安やストレスに過敏になります。

これは、あなたの心がうつ病を再発しないように、あなたに教えてくれているのです。以前の自分に完全に戻るなんてことはないのです。ポジティブに捉えましょう。

うつ病を経験しても知力や体力は完全に回復する

うつ病を経験する事で、考え方に変化は生じましたが、頭の回転や体力といった肉体的な部分については、間違いなく以前の自分に戻ることができます。

私は、メンタル面で基礎値が低くなった分、この知力の部分と体力の部分を積極的に伸ばして、カバーできればと考えるようになり、今のところ、好循環しています。(ブログを始めたのも、有用な情報を発信していきたいという側面と、能力を高めたい、成長したいという気持ちからです)

あなたの、目標は、素晴らしい人生を生きること、心の平穏を得ることだと思います。そうであれば、以前の自分に戻ることを目的とするより、まずは自分を高めることに重きを置いた方良いです。

うつ病を受け入れることが大切 その2
体力や知力を伸ばすことで、仕事や人間関係でのトラブルは、確実に減らすことができ、より良い人生につなげることができます。

 

しば

どこかの書籍にありましたが、一度肩や肘を壊した投手が治療に専念しても、完全に以前と同じようになることはないそうです。
ただし、その他の筋肉を鍛えることで、投手として復活する事ができます。
うつ病を患った人間でも、別の能力を高めることで以前の自分を超えることが可能となるのです。一緒に、過去の自分越えを目指しませんか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です