解答例文つき 昇進・昇格試験(論文編)| 職場のコンプライアンスをどう推進していくのか

コンプラ

昇進・昇格試験という視点から見た場合、コンプライアンスの推進というテーマが出題される可能性は低いです。

但し、管理職への昇進・昇格試験の場合は、出題される可能性があるので、一応押さえておくべきテーマです。

コンプライアンスという観点からみた管理職の役割は『遵守する立場はもちろん、部下に遵守させる立場でもある』ということです。

例えば、チームのメンバーがグレーなやりかたで事業を進めようとしたときに、管理職は、自分が有している知識の中から、その行為がセーフなのかアウトなのか判断しなければなりません。

部下の行為を止めるにしろ、認めるにしろ、『なぜ、その行為がOKなのか?またはOUTなのか?』根拠を明確にして、正しく部下を導くことが求められます。

つまり、管理職の昇進・昇格試験では、『コンプライアンスについて、どう考えているのか?』『どう遵守させるのか?』その姿勢が問われます。

今回は、簡単にコンプライアンスのバックボーンに触れた後、その書き方をお示ししたいと思います。

その他、昇進・昇格試験で頻出テーマ(模範解答つき)を確認したい方は、こちらからどうぞ。

関連記事 【まとめ】解答例文つき 頻出テーマ10選 昇進・昇格試験(小論文編) 

小論文作成の準備|キーワードの洗い出し

地に足の着いた具体的な小論文とするため、必要なキーワードの洗い出しから始めましょう。

以下は、私が考える「コンプライアンスの推進」に関するキーワードです。みなさんも余力があれば自分の手を動かして考てください。

① 言葉の定義を必ず調べる

コンプライアンスを直訳すると、法令順守です。

しかしながら、私たちが組織で使っている日本における『コンプライアンスの推進』は、法令以外の企業倫理の遵守も含む広い定義の言葉になっています。イメージだと以下のような感じです。

コンプライアンスの範囲

このバックボーンにあるのは、法令遵守だけでは、組織の不祥事はなくならないという事実です。

少し古いですが、船場吉兆の賞味期限や産地偽装などでの廃業、最近でいうとコロナ禍における公務員の歓送迎会の実施等がイメージしやすいのではないでしょうか。

参考:ウィキペディア 船場吉兆

これまでは大丈夫でも、企業倫理を含めたコンプライアンスの範囲は日々揺れ動いており、特にコロナの影響で近年の変化は著しくなっています。

自分自身の知識と感性を常にアップデートしておかなければ、倫理面のコンプライアンス違反を気づかぬうちに犯してしまうということになりかねません。

少し大げさな話をすると、内部告発などで違反がマスコミに漏れ、その結果、バッシングの嵐⇒組織ブランド力の低下⇒倒産ということもあるということです。

実際に帝国データバンクの調査によると、2020年にコンプライアンス違反が原因で倒産した会社は182件となっています。

コンプライアンス違反による倒産件数

引用:帝国データバンク|コンプラ違反倒産、9 年ぶり 200 件割れ

ポイント
日本のコンプライアンス≠法令遵守

企業倫理について、現役管理職の立場で少し書かせてもらうと、法律や条例などに規定される行為は、その良し悪しが比較的簡単に判断できます(部下も法規は把握して作業をしているので、逸脱する行為は基本的に発生しません)。

しかし、企業倫理の部分、特に自分がモラルとして感覚的に理解している部分や経験として理解している部分は、部下とは乖離がどうしても生じます。

その時に、管理職である自分がなぜ、その判断に至ったかを伝えようとしても、その言語化が難しくて苦労するということがよくあります。

ここが、コンプライアンスの推進の一番難しい所ではないかと感じています。

② 理想の状態をイメージする

コンプライアンスが維持できている状態とはどういった状況なのか?

  • 組織に属している人間が、コンプライアンスに対して一定の知識がある
  • 特に管理職は、法令だけでなく、企業倫理についても部下を指導できるだけの知識がある
  • コンプライアンス推進部門による『積極的な研修・わかりやすい研修』の実施
  • 明文化されていない企業倫理の部分が分かりにくい。どう判断するのが最適なのか?ケーススタディがある
  • 誰もが、コンプライアンス違反をチェックできるしくみがある。グーレーゾーンを注意しやすい文化。言いやすい文化がある
  • なぁなぁにしない、文化

③ 現実をイメージする

  • 法令の遵守は、ほぼ全員の共通認識があるが、企業倫理やモラルは個人によって差がある。
  • よって、Aさんにとってはセーフであっても、Bさんにとってはアウトみたいな事例がでてくる。
  • いわゆる、グレーゾーンが分かりにくい。
  • コンプライアンスを遵守することは、会社して最低限必要であることが理解できていない社員がいる。
  • そもそも、あんまりコンプライアンスを意識してない社員がいる。成果を最優先。(利益>コンプライアンス)
  • コンプライアンスを遵守しても評価されない。⇒遵守するモチベーションが必要??
  • 法務部門が時々思い出したように、コンプライアンスの社内報を発行しているけど、細切れの情報を時々与えられても体系的な理解は進まない。
  • 今までOKだったこと、みんながやっていたことが急にNGになった。これがわかりにくい。結果、気が付かなかった社員によりコンプライアンス違反が進行する。実際にコロナ禍の自粛の範囲が、個人で様々だった。

④ 余力があれば、マイナス要因も考えておく

特になし。

⑤ 具体的な解決方法をイメージする(メモレベルでOK)。

管理職としてできること

  • コンプライアンスの維持のためにグループという小さな単位で、何ができるか、何をするべきかを明確にする。(メソッドの確立)
  • 法規などの定義が明確なものを遵守することは当然として、所謂グレーゾーンに対する、経験と知識が必要(ケーススタディをどれだけ知っているか?過去にどのような判断をしたかの引き出しが多い方がいい)。
  • グレーゾーンを排除した事業設計。
  • 分からない部分があれば、コンプライアンス部門にすぐに相談にいく(無理に1人で抱え込まない)。
  • モノが言いやすい組織風土。コンプライアンス違反を感じた人がいれば誰でも声をあげられる職場をつくる。
  • 個々人のモラル強化。

 

小論文 解答例文

小論文を作成するにあたっての論理構成

作成するにあたっては、先ほど準備した①~⑤の材料を組み合わせて、論理的な文章を構築します。論理展開としては以下の順番がおススメです。

  1. 用語の定義(今回はコンプライアンスの推進とは)
  2. 現状(どんな課題があるか)
  3. 理想
  4. その為に何をするのか

解答例文 管理職として職場のコンプライアンスをどう推進していくのか

コンプライアンスを直訳すると、法令順守となる。

詳細はnote(有料)で公開中になります。

詳細リンク昇進・昇格試験 小論文模範解答 『コンプライアンスをどうやって推進するか』 1,600文字|siba1116|note

しば

この記事だけ、試験的に有料化させてもらっています。

参考 プレゼン用(スライドサンプル付)

もし、上記テーマでのプレゼンが求められているなら、以下の記事を参考にしてください。パワポで作成したサンプルデータをアップしています。

アイキャッチ 【回答サンプル スライド付き】昇進・昇格試験 頻出プレゼンテーマ10選 

ちなみに、スライドの中身はこんな感じです。

しばしばさんによる完成版 ✔コンプライアンスの推進について.pptx

まとめ

学校のテストとは異なり、昇進・昇格試験は、その勉強方法や手順を誰も教えてくれません。

職場の親切な上司や先輩に聞けば、ふわっとしたアドバイスをくれると思いますが、注意してください。

その方法は、その上司や先輩が『たまたまうまくいった方法』に過ぎません。鵜呑みにすると、失敗します。

少なくとも、タイムロスをすることになります。

多くの人は、昇格試験・昇進試験に合格するための学習プランをメソッド(手順)として確立できるほど、多くの受験経験は有していません。

加えて、受験者である『あなた』と『その上司・先輩』は、経験もスキルも違うので、同じ学習計画をたてても、結局、うまくいきません。

しば

過去の私も含めて、昇進試験にパスしたほとんどの人は、直感的に必要だと思う箇所を学習し、たまたま合格したというというのが真実です。

だから、先輩や上司に勉強法を聞いても無駄です。

上司・先輩の手法が、合格に導いてくれる保証はありません、根拠がなく再現性がないからです。

合格するために必要なのは、『合格までのロードマップ』には、何があって、自分が何を対策しなければならないかを、把握することです。

昇格・昇進試験に、志望動機の提出や筆記試験(択一式)、面接なども課されていて、何をやったら良いか、よくわからないという方向けに昇進・昇格試験全体のロードマップに関する記事も用意しています。

ご参考にしていただければ。

参考記事【完全攻略】昇進・昇格試験って何をすればいいの?合格までのロードマップとは

参考記事【昇進・昇格試験】小論文完全対策まとめ 合格までのロードマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です