旅行がうつ病の改善につながる理由

ichigo

20200608 書き直し

楽しいことをたくさんすることで、うつ病の再発予防になる

メンタルヘルスやうつ病に関する本をたくさん読んで、至った結論の一つは、良い思い・楽しい思いで自分自身の思考を満たすことで、潜在意識が書き換えられ、楽しい人生が得られるというものです。(詳細は長くなるので、ここでは割愛します。以下におススメの本を紹介します)

 

 

 

 

 

 

 

楽しい思いで、心を満たすためには、何が必要か?たくさん楽しい経験をすること、必要に応じてそれを、簡単に思い出すことができること。この2つの要素は不可欠だと思います。(楽しいこととは、人によっては様々だと思いますが、趣味や旅行は間違いなく楽しい思い出を残してくれます。)

楽しい思いで心を満たす方法
  • 楽しい経験をたくさんする
  • その経験を、スマホで写真や日記にしておき、いつでも思い出せるようにしておく

うつ状態が落ちついてきてからは、意識的に楽しいこと、夢中になれることを生活に取り入れています。私は無趣味なので、家族との旅行が唯一の楽しい事になります。楽しい思い出づくりができる上に、旅行中は家族の笑顔が見れることで、満ち足りた気持ちにもなれるし、一石二鳥だと自分では思っています。

私が実践している楽しい思いで心を満たす方法

旅行先の楽しかった思い出を、スマホに写真で保存し、常に持ち歩く。隙間時間に、写真を見返して、満たされる時間をつくる。例えば、仕事の事が頭をよぎり不安なった場合も、写真を見ることで不安な気持ちから離れる事ができる。

昼休みに、スマホで撮影した旅行写真や動画をいっつも見返しています。幸せな気持ちがよみがえってきますよ。

 

スマホでの写真撮影と動画撮影はおススメ


前述したように、可能な限りスマホで写真や動画を撮影して、楽しい思い出か心に残るように心がけています。たくさんの写真の中から、最高の一枚、最高の動画だけを集めたお気に入りフォルダをつくっておくと、より効果がありますよ。

旅行から帰ってきた後も、仕事等でメンタルがしんどい時には、お気に入りの動画や写真をスマホのアルバムで見返し、旅行の気分を思い起こすようにしています。
仕事について悩む時間を減らし、少しでも多くの時間を幸せな心持ちで過ごすことができるように心がけています。人は何を考えるかを選ぶことができます。

スマホの写真・動画機能を活用する

写真がいっぱいになってくると思うので、自分にとって癒しの効果の高い写真をあらかじめ、選抜しお気に入りフォルダにいれておく。

 

 

2020222日 三重県 五桂池にて

いちご狩りに行ってきました。農家のおぼちゃん曰く、今が一番苺のサイズが大きく時期的にも良いとのこと。
このハウスでは、章姫と女峰の2種類が時間無制限で楽しむことができます。
わざわざ、遠いところまで来て良かった。(20200325 追記 3月中旬に再度、五桂池のいちご狩りにいきましたが、2月の方が、粒が大きく圧倒的に美味しかったです。)

 

 

 我が家の貯金に関する考え方はモノより思い出


ちなみに、我が家には、あんまり貯金はないです。お金は、心豊かな生活をする為にどんどん使うべきものであって、必要以上に貯める必要はないと考えているからです。

子供が3人いますが、小さくて親と旅行に行ってくれる間は、そちらにお金を使いたいと考えています。一番上のお姉ちゃんは、6年生になったので、少しづつ親離れしつつあり、うれしくもあり、悲しくもあります。

昔、「モノより思い出」みたいなCMがありましたが、それを地で行ってる感じです。
20代の時の100万円と80代の時の100万円では、金額は同じですが、持つ可能性が全く異なると思います。70歳や80歳になって、お金をたくさん持っていたとしても、何に使うのでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です