【例文サンプルあり】管理職への昇進試験における志望動機の書き方

昇進試験

管理職に昇進するにあたって試験が課される場合、志望動機・論文・面談のいずれか、又はその組み合わせになるケースが多いようです。

しば

こんにちは、うつ病から復活して、社内で38歳最年少で管理職に昇進した「しば」と申します。

ちなみに、私の会社では管理職である課長補佐は志望動機の提出と面談となっています(その他の職位については無試験)。

志望動機は、面接時に試験官が熟読し、その内容に沿った質問をするケースが多いため、自分がどのようなスキルを持っているのか、管理職に昇進すれば、どのような成果が生み出せるのかを記入して、他の志望者と差別化する事が大切です。

採点する側(経営層)の記憶に残らないと、昇進できません。

今回は、昇進試験を受けることを考えている方向けに、志望動機の書き方や私が実際に昇進試験時に使用した志望動機を例文として紹介したいと思います。

履歴書 志望動機

管理職への昇進試験における志望動機の書き方

本音と建前を使い分けて、自分の個性を書く

当たり前ですが、本音と建前を使い分けましょう。

給料をあげたいとか、つまらない雑用は他人に振りたいとか、気に入らない社員を別の部署に飛ばしたいとか・・・等の本音を書く場合は、より自分の資質に生かして、仕事に関わりたいとなどの言葉に変換しましょう。

なお、管理職とは、端的言えば経営側の立場に立って、チームを使って成果を出すことが求められるポジションです。

この部分をどうやって実現していくかを、これまでの経歴を踏まえた上で、自分の言葉で書くことができれば満点です。

もしかしたら、過去に昇進試験を受けた人の志望動機が上司や先輩経由で手に入ることがあるかもしれません。

参考になると思いますが、コピぺすることはやめましょう。

会社は多種多様な才能を求めています。同じような人材は求めていません。自分から他の多くのライバル達の中に埋没するようなことはやめましょう。

しば

文章量の目安は、9割以上。400字原稿での提出を求められているのであれば、360字以上は、必ず書きましょう。量が少ないと熱意が伝わりません。

志望動機に入れるべき3大要素

自分が何をしてきたか(どんな成果を上げてきたか)

面接官の中には、あなたの事を知らない人がいるかもしれません。自己紹介として、これまでどんな分野で、どのような成果を産んできたのか、自分の経歴を端的に伝えましょう。

なぜ管理職になりたいのか

なぜ、管理職になりたいかを志望動機に盛り込むためには、「そもそも管理職の仕事とは何か?」を理解しておく必要があります。

あなたの会社の就業規則等に管理職の権限が、まずはそれを一読しましょう。

色々と抽象的に書いてあると思いますが、管理職の役割の本質は「チームを使って成果を出す」の一点に集約されます。

マネジメントも、利害調整能力も、人材育成も「他人を使って成果を出す」ためにやっているにすぎません。

上記の本質を理解したうえで、管理職の仕事が何のなのか?良書を読んで、現場の具体レベルに落としこんで理解していきましょう。

以下の関連記事で、私が管理職をする中で、たくさんの気づきを与えてくれた本とその要点を紹介しています。

志望動機では、経営側の立場で物事が考えられるかが見られます。自分の目線を上げるためにも、管理職の仕事とは何かをしっかりと掴んでおく必要があります。

関連記事【1年目の新米管理職・課長向け】マネジメント本 ランキング|知識で経験不足を補おう

その上で、もし、あなたのなかで、『なぜ管理職になりたいのか?』理由が明確になっていないなら、どうして管理職になりたいのか?その気持ちをキチンと言語化し整理することが必要です。

関連記事なぜ管理職になりたいか?昇進したい理由の整理方法|必ず自分の言葉で表現しよう

理想としている管理職のイメージは何か

自分の経験談を踏まえて、理想の管理職像を書きましょう。

私の場合は、上司が関係者との根回しを事前にしてくれたおかげで、仕事がスムーズに行ったことがあったので、その部分を脚色しまくって書きました。

職場の元上司など、身近なモデルを引き合いに出すと書きやすい上に、説得力も増し、面接官にその元上司とあなたの好印象を与えられるという、一粒で3度おいしい戦法なので、是非取り入れるべきかと思います。

関連記事【例文あり】管理職への昇進試験 ビジョンレポート・抱負・自己PRの書き方

管理職になれば、会社にどのような貢献ができるのか

あなたのスキルや専門知識が、管理職になればどう生かされるのかを書きましょう。

既に上層部に、個人的なスキルや専門知識で認められているのであれば、プレイヤーとしての貢献に焦点をあてて書いても良いと思います。

書くにあたっては、自分の得た知識や経験をチームに横展開し、『チームを使って成果を出す』ことができることをアピールしましょう。

もし、現時点で尖った成果を出したことがないのなら、マネジメントや人材育成に絡めて『チームを使って成果を出す』ことを書きましょう。

志望動機の例文(私が最年少で管理職に昇進したときのもの)

参考に、私の志望動機を例文として掲示させていただきます。

私の会社では昇進試験時には、過去に試験を受けた人の志望動機が複数出回るのですが、その中で良い部分だけを抽出して作成したものです。

面接は緊張しまくって、最悪の出来だったのに、管理職に昇進できたのは、志望動機の質が他の受験者より高かったからだと思っています。(一部だけ伏字にさせてもらっています。)

志望動機

私は、所属する●●●部で、一社内のリスクマネジメント、●●●システムの構築や●●●計画の修正等に携わってきました。

これらの事業で成果を出す為には、社内・社外の関係機関との協力が不可欠です。

例えば、●●●システムの構築の際には●●●の発行機能をどのようにするのか、関係者の意見を聞きながら、アイデアを取りまとめ、機能を決定していく必要がありました。

協議を進める中で、相手がどう考え、何を求めているかについて悩むことがありました。

そのような時、当時の上司には、知識に裏付けられた的確な助言と共に、事前調整していただくなど、円滑に仕事が進むよう様々な部分で配慮をしていただきました。

これらの経験を通して、管理職に魅力を感じるようになり、自分もそうありたいと考えるようになりました。

また、今年は地震や台風と自然災害が立て続けに発生しました。私自身は、発災直後は社の対策本部で被災状況の集約に従事し、その後は、●●工場の復旧計画に携わりました。

こうした災害対応の中心で主体的に考え、対応してきた経験は、多くの後輩社員に引き継いでいく価値があると考えます。

これまでの上司から学んだ調整力や指導力、今回の災害対応の経験を、後輩職員の育成につなげたいと思います。よろしくお願いします。

管理職の昇進試験で課される内容を考えると、志望動機、面接、小論文この3つの組み合わせが一番多いようです。

管理職試験の面接や小論文は、質問されるポイントはほぼ決まっており、事前に準備することが可能です。

別記事で代表的なQ&A(回答例)や小論文の回答例を作成しているので、より盤石な体制で試験に臨んでください。

関連記事【厳選Q&A 21問】管理職への昇進試験における面接試験回答例

関連記事【まとめ】模範解答つき 昇進試験の小論文 頻出テーマ10選

管理職試験は文章力が試される試験

志望動機・論文試験等を通して、何度も何度も志望者の文章力が試されるのは、会社組織が管理職に不可欠な資質の1つとして文章力を認識しているためです。

管理職になれば、メールなど文章で複数の部下に情報を伝え指示する機会や、チームの長として報告資料を作成する機会などが爆発的に増えます。

つまり、文章によるコミュニケーションの重要性が圧倒的に高まります。

係員のときは、文章力が低くても、上司が適材適所で仕事を割り振ってくれているから、仕事に問題が生じるケースはほどんどありません。

一方、管理職の場合は、苦手な仕事・文章を書くという仕事から逃げることは、絶対にできません(時々、文書作成を部下に丸投げする、爆弾級の管理職もいますが・・・)。

いま文章力に自信がない方は、管理職に昇進しても、ほぼ間違いなく、しんどい思いをすることになります。

あなたの苦手な『文章を書く』という作業が、仕事の中心になってくるからです。

一方で、文章力を身につければ、管理職試験に合格する確率が高まり、昇進後の管理職業務も比較的スムーズに進めることができます。(自分や家族との幸せな時間を増やすことができます。)

今から、文章力を高めることに取り組みませんか?

関連記事【科学的エビデンスあり】今日からできる!!社会人が文章力を高める方法

志望動機や自己PRの添削を希望する方へ

ココナラで、添削サービスを始めました。

この記事を読んだだけでは、「志望動機ってなにを書けばいいのかわからない」「うまく文章にまとめられない」「書いてみたけど、合格水準に到達しているか不安」という方もおられると思います。

志望動機を作成にするにあたっては、面接や論文試験も見据えて、しっかり自分の頭を使って作成することがベストなので、文章作成にある程度自信があって、時間的余裕がある人は自力で志望動機や面接対策をすることをおススメします。

一方で、充分な時間を確保できない忙しいビジネスマンであればあるほど、準備に手が回らず、試験の得点が低くなるという問題があります。

優秀なだけど、忙しすぎで試験にパスしない先輩や同僚が私の周りにも結構いて、管理職試験の矛盾を日々感じています。

というわけで、忙しいビジネスマン向けに「提出レベルまで仕上げた状態の志望動機」を納品する添削サービスを提供します。

もし、気になる方がおられるようなら、気軽に連絡ください。みなさんの昇進試験がうまくいくことを祈っています。

昇進試験の志望動機や自己PRを添削します 昇進試験をテーマにしたblogを運営|月間1万PVを達成

 

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です