水中眼鏡用 度付きレンズ(後付け)を購入したのでレビューします。

水中メガネ

来週、15年ぶりくらいにシュノーケリングに家族で行くことになりました。ちなみに、私は超が付くほどの近眼です。大学生の時に購入した水中メガネは残っていたのですが、後付けの度付きレンズを紛失してしまい、今回新たに新調しました。

意外と良い感じ感じだったのでご紹介します。度付きの水中メガネを手に入れるには、最初から度付きレンズの物を購入するか、後付けでレンズだけを購入するかの2通りがありますが、後付けでレンズを購入する場合の方が、コストとしては割安です。

購入した商品

リーフツアラー(REEF TOURER) シュノーケル 度付き レンズ 水中マスク用 フレーム×1個 レンズ×2枚 セット ライトグレー RA0509です。

色んなサイトを見た結果、一番低コストで度付きに対応するのは、後付けできるタイプが一番安かったのでその方式を選択しました。色んなサイトを見ましたが、私が見た中ではアマゾンが一番安かったのでアマゾンで購入。レンズ2枚とフレームで2,000円弱です。度数が-2.0~-5.0迄対応していますので、私のようなド近視の人も安心です。

手持ちの水中メガネに、丁度ぴったりはまるようにできています。視野の狭さは、ほとんど気にならないレベルです。

表から見た図

裏から見た図

 

視力と水中メガネの度数の相関関係について

人によって、差異があるので保証はできませんが視力が0.1以下の人は度数5.0で良いと思います。普通のメガネと比較して度数は+1.0くらいで良いそうです。(これは、空気中の光の屈折率と水中の屈折率が異なるため。)以下に、参考を貼っておくのでどうぞ。

視力と度数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です