不安でも昇進するべき?|管理職になるメリットとデメリット

昇進 キャリアアップ

不安でも昇進するべき?

結論を最初に書いておくと、不安でも、昇進に少しでも興味があるなら行動に移すべきです。

なぜなら、管理職に昇進できるタイミングは、大体30~40代で、早ければ早いほど、昇進試験に通りやすいからです。

最悪、自分の適性がなくて、管理職が務まらなかったとしても降格して元のポジションに戻ることもできます。

昇進の機会が訪れると「自分はちゃんとやっていけるのだろうか?」「上司のAさんのようなスキルや人間的魅力がないけど、まわりのメンバーはついてきてくれるのだろうか?」等々、昇進後のことをあれこれ考えて不安になり、結局、昇進試験を見合わせるという行動をとっていませんか?

しば

私は、10年間うつ病に苦しんで、うつ病と格闘しながら、会社では最年少(38歳)で管理職になりました。豆腐メンタル&コミュ障に悩みながら、日々奮闘している『しば』と申します。

会社が、係員を管理職に昇進させたいタイミングは、実は限られています。あなたの周りに、50歳になって初めて管理職に昇進した人はいますか?恐らくいても少数派だと思います。

子育てが落ち着いてから、体調が良くなってから、スキルが身についてから等々、悩んでいる社員の側の都合を、会社は待ってくれません。

のんびりしていると機会そのものが失われてしまいます。

今回は、不安でも昇進するべき?管理職になるメリットとデメリットをテーマに書きたいと思います。

管理職に昇進するできるタイミングは実は短い

会社側から見た場合、社員を昇進させたい、管理職にしたいタイミングというものが、必ずあります。

会社にとって社員を50歳で管理職に昇進させて、残りの10年を管理職として頑張ってもらう方がいいのか、40歳で管理職に昇進させて、20年間、管理職、もしかすると役員として頑張ってもらう方がいいのか?

どちらの方が経営が安定するでしょうか?後者に違いありません。能力が同じ程度ならば、より若い社員が登用されます。

私の会社でも管理職に昇進する年齢は、38歳~45歳位までがボリュームゾーンになっています。50代で試験をうける人もいますが、ほとんど通りません。

厳しいようですが、50代の新人管理職に会社は期待していません。50代で管理職を志す人は、タイミングが遅すぎたのです。

会社が投げた、昇進のチャンスというボールをタイミングよく打ち返さないといけません。ボールがミットに収まってからバットを振っても、振り遅れにしかならいのです。

日本では、人種・性別による差別は、絶対許されないものとして認識されていますが、年齢による差別については、平然と行われます。能力が高いミドルエイジが、もう若くないという理由だけで、低い待遇に処されるということは、普通にあります。

しば

管理職試験ですが、3回受けてダメだったら、その人は、その後もほぼ100%試験にパスしません。

 

会社が、その人には管理職の資質がないと、客観的に3回も判断しているのですから、それを覆すのはほぼ不可能です。

管理職に昇進するメリット

管理職に昇進して良かったのか?悪かったのか?管理職になるメリットとデメリットをまとめます

自分の価値観を仕事に投影しやすくなる

自分のチームが担当する業務については、自分の価値基準・判断基準で仕事の進め方や成果物の質を決定する事ができます。

都度、上司に判断を仰ぐ必要もなくなります。

仕事について、自分の理想を追える範囲が少し拡大し、自分の能力、興味、価値観を仕事に反映しやすくなります。

部署の人事に口出しできる

チームメンバーについて、誰が欲しいとか、誰は不要だとか、ある程度口出しできるようになります。「この業務には●●君のスキルが必須なので、お願いします」みたいなことを上席や人事部局と協議できるようになります。

人間的に、どうしても信頼のおけない人については、客観的な事実を挙げることで、他の部署に押しやることもできます。

しば

とは言ったものの、チームの人事は、全然自分の意向は反映されてなくてビックリすることもある・・・。人事権を掌握するには、もっと昇進しないとダメなんでしょうね・・・

ボトムアップで新規プロジェクトを立ち上げやすくなる

新規プロジェクトを立ち上げる場合、担当者であった以前とは異なり、チームメンバーの力をつかって、企画書を提示できるようになります。

1人でつくる企画書より、複数人が関与した方が、より良い企画書ができるのは当然です。

その結果、より質の高い(社内の審査が通りやすい)新規のプロジェクトを立ち上げることができるようになります。

給料も少しだけ増えるかも??

いわゆる、管理職手当というやつです。私の会社だと、課長補佐で5万円です。その引き換えとして、残業代は全くつかなくなります(土日出勤しても、1円もでません)。

係長と給与面では大差がないかもしれません。ご自身の会社の規定をよく確認してください。

基本給がアップするので最終的には退職金が増える(生涯賃金が多くなる)

これは、会社にもよると思うのですが、うちの会社の場合、退職金の算定が、(基本給+管理職手当)×60カ月となっています。なので、一般職よりは、退職金が増える算定となります。

生涯賃金が高くなることは間違いなさそうです。

管理職に昇進するデメリット

部下の悩み解決で自分の時間ほとんどない

チーム全体の仕事に対して責任を持つようになります。

つまり、部下が業務につまづくと、その都度ケアしなければなりません。私のように、豆腐メンタルの人は、心配のタネが圧倒的に増えます。

加えて、自分もプレイヤーとして個別業務を担当しているので、部下のレベルが低いと、どんどん自分の時間が奪われ、相当つらいことになります。

管理職の業務がブラック化するのはこのためです。

つまらない人間関係に巻き込まれる(仲の悪い部下同士の仲裁をしないといけない)

チームを健全な状態に保つため、生産性を維持するため、部下同士の人間関係がうまくいかない場合、その仲裁に入らないといけないケースがあります・・・。

正直なところ、大人なので自分のことくらい自分で面倒見てほしいと思う・・・。本当に、どうでもいい不毛な事に時間を費やすことになります。

給与が減る・・・かもしれない

残業代が全くつきません。2年ほど前に、所属部署が滅茶苦茶忙しくて、自分のチームの残業時間が軒並み100時間を超えることがありましたが、管理職は1円もつきませんでした。知的労働は、時間ではなくその生産性によって評価されるという趣旨は理解しますが、限度というものがあります・・・。

プレイヤーとしても成果を求められる

今の時代、マネジメントだけやっててOKなのは、経営層だけだと思います。プロジェクトのリーダーとして、しんどい部分を積極的に引き受けないと、部下もついてきてくれません。結果、なかなか定時では帰れません。

マネジメントがめんどくさい|能力が低い部下にかかりっきりになることも・・・

当然ですが、優秀な若手は部署間で取り合いになります。管理職になりたての場合は、その競争に敗れて、残った人材でプロジェクトを回さないといけないケースが出てきます。能力も責任感もない、依存体質の部下に囲まれて孤軍奮闘しなければならないことも。

悪い言い方をすると組織に便利使いされる

管理職は、残業代が出ません。ということは、誰も管理職の残業時間を管理しないという事です。

構造的に、管理職の労働時間はブラック化しやすいということになります。

上司も組合も誰も守ってくれません、心身を壊したら自己責任ということになります。管理職としてのマインド・スキルを身に付けないと、潰されかねません。

参考記事【働き方改革の犠牲者】管理職になると残業が増えます、早く帰るために必要なマインド・スキルとは?

ちなみ、コロナ前年の私の休日出勤回数は50回です。

これくらいの回数になると代休での消化は難しく、結局サービス出勤をせざるを得ないことになります。一般職は、残業が発生し休日出勤に歯止めが効くため、その皺寄せが全部管理職来るハメに・・・。

なかなか帰れない

基本的に部下より早く帰れません。これは、その管理職の能力の問題ではなく、そのポジションが抱えている構造的な欠陥です。

端的に言えば、チーム内で、一番業務の遅れている人間のケアに入るので、必然的に一番帰るのが遅くなる。

しば

色々書きましたが、結局、管理職になって実現したいことがあるかどうか?昇進するかどうかを決めるポイントはそこに尽きるのではないでしょうか?

 

ちなみに、うつ病の経験経験は、意外な所で役立っています。部下のしんどい気持ちに寄り添えるようになりました。共感する力がついたのかもしれません・・・。

管理職試験を受ける場合は、志望動機と面接対策が不可欠です。こちらの記事を参考にどうぞ。

参考記事

QA 【厳選Q&A 23問】管理職への昇進試験・昇格試験における面接試験回答例 志望動機 自己PR 【例文つき】管理職への昇進試験|志望動機・自己PRの書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です