【アフターコロナ】テレワーク・在宅勤務は、働き方の1つとして根付くのか?

オンライン

コロナ禍で爆発的にテレワーク化が進んだ

私の会社でも、これまでは、顧客情報や会社の機密事項流出防止の観点から、在宅勤務は原則不可となっていましたが、コロナ禍でオフィス環境のIT化が一気に進みました。

今では、環境が整備されたことで、ほぼストレスなく在宅勤務が可能になり、会議もZOOM等のオンラインミーティングで代替されることで出張もほとんどなくなりました。

正直な感想としては、「やればできるじゃないか」といった感じです。

今回は、コロナという外圧により、爆発的に社会全体のオンライン化に進みました。雪崩のようにIT化が進んだので、うちの会社も思い腰があがった、対応せざるを得ない状況になったというのが実態でしょうか?

皆さんの組織では、どうでしょうか?オンライン化は進んでいますか?働き方は大きく変化しましたか?

私自身の働き方の変化に目を向けてみると、業務の進捗管理という点では、在宅勤務による悪影響は、ほとんどでていません。在宅の方が集中できる環境なので、仕事が捗るという現象さえ出てきています。

一方で、誰かに何かを説明する(営業や社内プレゼン、ミーティング等)場合には、直接会ってコミュニテーションを取る方がやはり説得力があるように思います。

ZOOM等のオンラインミーティングでは、言葉以外の非言語情報が伝わらないから細かいニュアンスが伝わりません。うまく使い分けていかないといけないと考えています。

今回は、令和2年と3年の緊急事態宣言で、勤務形態がどのように変わったのか?在宅勤務とオンラインミーティングのメリットとデメリットを管理職の業務という視点から解説したいと思います。

テレワークはどのように導入されていったか(一企業を例として)

私の会社でテレワークがどのように受け止められ、どういう過程で導入されていったかを参考までに紹介します。

令和2年4月の緊急事態宣言時

今、冷静になって振り返ると、国が緊急事態宣言をトリガーに在宅勤務への旗を振ったので、とりあえず社員の出勤率を下げることに取り組んだという感じでした。

あの時は、『責任のある企業であれば、テレワークをすべし、するのが当たり前』という同調圧力が凄まじかったです。

なので、わが社でもシステム的には、全く整備されていない状況下で、いわゆる在宅勤務制度がスタートしました。

自宅から社内サーバーやシステムにアクセスできないために、決裁システムや社内掲示板、社内メッセージ等、必要不可欠な情報やシステムの利用ができないため、できる業務も非常に限られていました。

例えば、業務で利用しているファイルの内、機密性が低いデータをメールなどで自宅のPCに送信し、在宅勤務中に作業するという形態をとりました。仕事にかかわる紙資料を持ち帰って読むといった行為も、業務としてみなされました。

本来ならば、管理職なので在宅勤務の仕事の割り振りを確認して、進捗も確認しないといけないのですが、そもそも割り振れるような仕事がなくて、本当に閉口しました。

結局、業務全体の中から、ある程度作業ボリュームのある部分を切り取って、在宅で仕事をするわけなのですが、社内システムで何らかの加工が必要な場合や、社内の別データを引用して資料作成するといった類の業務は全てNGとなったため、限りなく限定された業務したできないという状況に陥りました。

こんな状況下だど、『環境が整っていない中で、テレワークをする』=『成果を産まない』=『サボっている』。こういう暗黙の認識が、職場で生まれました。

結局、私自身も2日ほど在宅勤務をしてその後は通常の出勤に切り替えました。私と同様に、途中で在宅勤務を自主的にやめて出勤してくる社員がどんどん増えていきました。テレワークから通常勤務への切り替えは、理由をつければ何とでもなりました。

結局、緊急事態宣言が明ける頃には、職場の9割くらいの社員が普通に仕事をしている状況に・・・

こうなると真面目に人事部局から指示のあったとおり『テレワーク』に移行した社員が、逆に目立ってしまい、『暇な仕事しているのね』といった変なレッテル貼りにつながってしまったような気がします。

という訳で、令和2年4月期のテレワークの印象は最悪で、職場の人間関係を荒しただけという結果に終わりました。

しば

個人的には、会社が決定した自宅学習も仕事をしているとみなす方針にはびっくりしました。在宅勤務で何ら成果ださなくても、会社的にはやむを得ないという判断をしたわけですから。

当たり前ですが、資料を読んでも会社の直接的な利益にはなりません。間接的には社員のスキルアップにより、会社の成長に寄与するかもしれませんが。

そもそも、自発的に仕事を見つけられる社員にとっては、在宅勤務は有効ですが、モラルの低い社員や指示待ち社員に自由な時間を渡しても、何ら成果は生まれません。

一部の社員の中ではテレワーク休暇、「テレ休として揶揄されていました。監視がなく、成果も求められない環境だと、悪意のある社員なら、いくらでもサボれるからです。

令和3年1月の緊急事態宣言時

この9カ月の間に、ICT部門が密かに頑張っていたみたいで、在宅勤務の環境が完全に整っていました。自宅のPCから職場の自分の端末を遠隔で操作する事が可能になっており、会社でできることは基本的に全て自宅でできる状態に・・・ スゴイ。

先日、ソフトバンクのエンジニアが、社内の機密情報をお土産に楽天モバイルに転職したということが、ニュースになっていましたが、今回のテレワーク環境の整備により、うちの会社でも悪意がありやろうと思えば、誰でもできる状況に・・・。

社内の情報に自宅からアクセスできるという事は、機密情報を抜こうを思えばいくらでも可能な環境を社員に提供するという事で、会社にとってはリスクのある行為でもあります。

そういった危険性はあるものの、中間管理職の立場で、コメントさせてもらえるなら『テレワーク最高、天国』。

プレイヤーとして仕事するにはメチャ快適な環境です。

上司からも部下からも、相談や指示を受けることなく、横槍が入らないため、集中力は持続し、いつもより深く、業務に向き合う事ができます。作業速度も自分のペースを守りながら進めることができるので、サクサクです。

時間と集中力が必要だった仕事がどんどん進んで、3日くらいするとある程度目処が立ちました。抱えている仕事が減れば、仕事のプレッシャーも減ります。精神衛生的にも、この在宅ワークは有難かった。

一つ難点を上げるとしたら、部下への個別指示についてはLINE等で直接出せるものの、やっぱり直接会ってコミュニテーションを取らないと、微妙なニュアンスが伝わらないので、業務の細かい引継ぎやレクをやるのは少し無理があるかなと感じました。

なので、うちのグループでは週に1回は、メンバー全員で一堂に会して、自分の抱えている分野の問題点の共有や進捗の共有をしています。

顧客と頻繁にやり取りする部署では、テレワークは難しいでしょうか、そうでない部署であれば、通勤の負担を軽減する便利な道具であることは間違いないと思われます。

便利なもの、合理的であるものは、必ず普及していきます。今後は、このテレワークが働き方の一つとして定着するのではないかと個人的には思っています。(定着するか否かは、企業がテレワークの環境を維持するのに要するコストと社員の利便性を天秤にかけてどう判断するかにかかっているのではないでしょうか?)

【アフターコロナ】テレワークは一過性?それとも働き方の1つとして根付くのか?

コロナが過ぎ去った後も、このテレワーク環境は維持されるのでしょうか?うちの会社では、緊急事態宣言後は自宅から社内の自分の端末にアクセスできるライセンス数を減らすものの、構築した環境は維持する事が決まっています。

週1回迄は、社員の意向で在宅勤務を通常勤務の代替として入れることが可能になりました。

コロナのおかけで、部分的ではありますがテレワークという勤務形態が新たに選択肢として追加されることになったのです。

今後、在宅勤務がより普及してくかどうかについてですが、社員にとっては、通勤の手間(労力・時間)を省くことができる、在宅勤務は、非常に魅力的です。

一方、会社にとっては、オフィススペースを小さくできるといったメリットがありますが、前述したように、ネットワーク環境の維持にコストもかかりますし、機密情報流出のリスクもついてきます。

今後、在宅勤務が社員多様な働き方として人権を得れば、優秀な人材を確保したい企業から積極的に普及を進めていくのではないのでしょうか?時間がかかりそうですね。

 

しば

余談ですが、オンライン会議のアプリ・ソフトが多すぎる・・・。会議によっては、ZOOMであったりTEAMSであったり、Google Meet だったり。それらのソフトに互換性がないので、いちいち切り替える羽目になります。

だれか、1本化してくれ・・・。一周回って不便だわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です