うつ病でも24時間をフルで活用できれば、人生をコントロールできるようになります(人生を巻き返す方法)

sakura

時間を有効に使いたいと思ったきっかけ

このブログでもお伝えしたように、私はうつ病を患っていた期間、約10年人生の針が止まった状況でした。家庭生活や仕事に対するスキルアップなど、すべての物事に積極的になれず、その場を何とかこなすことに精一杯の生活を送ってきました。

うつ病が改善してくると(不安感はまだあります)子供たちとの触れ合いや、自己研鑽に対して不本意であった10年間をめちゃくちゃ後悔しています。(うつ病の時は、何事にもやる気が起きず、病気を理由に、家にこもってゲームばかりをしていました。家族との思い出も希薄で本当に無駄な時間でした。)

時間のいいところ

前もって時間を無駄にできないことが、良いところです。私は、これまで10年間、散々時間の無駄使いをしてきましたが、これからの時間、未来の時間は全く棄損されておらず、最大限に活用できると信じて、新たなチャレンジを始めています。(このホームページ作成もその一環)

もちろん、後悔の影を引きずっている所は多々ありますが、一旦その気持ちは脇において、前向きに取り組んでいます。

何でもやろうとする人間は、最終的には何も達成できません

本当に、必要な事だけに自分の時間を費やすべきです。どの分野に時間を費やしたいのか(何をどうしたいのか)、自分の中で最優先なのか?自問自答して決めましょう。

考えられる分野としては、人間関係(家族・友人・会社等)、仕事、健康、精神・感情、子育て(教育)などです。

私の場合 仕事の分野では ⇒圧倒的な知識量で余裕をもって業務を行う。管理職として周りに安心感を与える。そのために、毎月本を7冊読む  精神・感情の分野では ⇒ 些細なことで不安にならない。冷静な心をはぐぐむ。メンタルを強くするための知識を日々集め実践する。マインドフルネス毎日5分。有酸素運動30分を週4日。

目標を立てることで良い判断が可能となり。良い判断をすることで良い人生が開ける。人生をコントロールすることにつながっていきます。

結局のところ、人生の質は判断の質によって決まると思います。決まるのです。その範囲は、あなたが選んだ職業から、あなたが読む本、毎朝起きる時間、1日の中で考え事をする時間に至るまで、多岐に渡っています。設定した目標に基づき正しいと思っている選択・判断をすることで、よりよい人生を歩めるようになるはずです。

最悪体力さえつければ、時間の有効活用はできるハズ

私の場合、有酸素運動や筋トレを始める前は、本当に体力がありませんでした。

仕事をして、保育所から帰ってきた子供たちにご飯を食べさせて、お風呂に入れて、絵本を読んで、明日の保育所の準備をしたら、もう全く体力が残っておらず(余力があれば時々ゲームはしてた)、それだけで1日が終わってしまうの繰り返しの日々でした。

24時間をフル活用しようと思えば、自分の活動量を増やすことも有効な選択肢の一つだと思います。有酸素運動と筋トレを始めて思うことは、仕事から疲れて帰ってきても、若干の余力(体力)が残っており、本を読んだり、仕事の調べ物をしたりすることができています。先ほど、自分の目標に沿って不必要な事はしないようにとか、より良い選択をとか書きましたが、それらが難しい人はまず体力をつけましょう!!

それだけでも、びっくりするくらい人生が変わります。3週間だけでいいので、筋トレと有酸素運動を継続してください。私がお伝えしていることが嘘ではないことを実感してもらえると確信しています。一緒に人生のコントロールしていきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です