防災学習の教材として使える東京防災を分析してみた(使える点・使えない点)

tokyobosai

防災学習の教材として使える東京防災を分析してみた

 

皆さんは、東京防災をご存じですか?端的にお伝えすると東京都が発行している、防災啓発本なのですが、防災のあらゆる分野を網羅的に扱っており、非常によくできています。

東京都民向けの冊子ですが、中学生や高校生の防災学習の教科書としても活用できるような内容になっています。

全国の大型書店でも購入できるし、アプリでの閲覧も可能です。今回は、「しば」の独断と偏見で東京防災の使える点・使えない点をご紹介したいと思います。

東京防災ここがGOOD!!(使える点)

  • とにかく丁寧で分かりやすい。
  • 分野も幅広い。防災の教科書。住民が知るべき内容をほぼ網羅的に記載している。
  • 絵が多くて、子供やお年寄りでも、直感的な理解ができる。まるで防災の絵本。
  • 地震時にはどう行動すべきか、時間軸に沿って記載されている(避難所の開設・運営までをカバーしている)。

率直な感想としては正直、これがあれば、自治体の防災ガイドとかの刊行物不要じゃない??ぐらいにクオリティが高いし、住民が知るべき内容もほとんど網羅されている。

市町村は半端な冊子つくって、住民に配るより、東京防災を配る方が遥かに良い。

市町村独自の情報もあるだろうが、それは、別冊みたいにしてまとめて、添付して配布すればいい。それだけ普遍的な内容が多く、実際に東京防災を完コピしたような自治体刊行物も多い(防災の教科書といっても過言ではありません)

 

東京防災ここがBAD!!(使えない点)

  • 防災マップが付随していないので、風水害時に、いつ・どうやってどこに逃げるかについては、言及されていない。東京防災だけでは、防災情報として完結しない。
  • 2019年から運用が開始された、警戒レベルの概念がない(東京防災の刊行は2015年)
  • 読み物なので良くも悪くもボリュームが多い。住民が必要不可欠な情報以外の情報もたくさん入っている。(コラムとか)
  • ボリュームが多いので、どこに何が書いてあるのか、いちいち探さないといけない。
  • 全般的に地震に力点が置かれている。(冒頭に書かれている通り首都直下地震を想定)なので、在宅避難という考え方はあるが、垂直避難などの考え方には言及されていない。

しば

気象情報・防災情報は、日清減歩です。令和3年2月現在、避難勧告がなくなるような話が国からは出ています。最新の情報を東京防災からつかむのはしんどいかもです。

東京防災に不足している分野を補うにはどうすればいいのか

風水害時に、いつ・どうやってどこに逃げるかについては、東京防災をみても絶対にわかりません。

なので、この部分を補足するためにお住いの市町村が、刊行している防災マップをみて、ご自身が住んでいる地区にどのようなリスクがあるのか?それともないのか?を必ず確認してください。

以下に内閣府の避難行動判定フローを添付しておきますので、取るべき避難行動の参考にしてくださいね。

内閣府 避難行動判定フロー(外部リンク)

chart1

 

chart2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です