ネガティブな気持ちやうつ病は家族に伝染するのか?(ミラーニューロンについて)

人形

うつ病は家族に伝染するのか?

うつ病が伝染するかどうかという事についてですが、うつは細菌やウイルス性のものではないので、病気のような感染形態はとりません。しかしながら、あなたがうつ病になれば、配偶者や家族といったあなたを支えてくれる周りの人にも、何らかの心理的な負担がかかることになります。これは間違いありません、実際に私の家庭で起こったことを紹介します。

私の家庭の場合

実際に、私の場合だと、うつ病でしんどくなったのは、二人目の娘が生まれた時で、丁度妻は育休だったので、うつ病でフラフラになりながら、仕事に通い、妻もそんな私の負担を少しでも取り除こうと、家事・育児を全面的に引き受けてくれていました。

妻の育休中は、私にとっては、仕事だけなんとかクリアすればいい環境だったのですが、夫婦生活は、ある意味で分業体制でやっていくものですから妻が仕事に復帰すると、必然的に育児に参加するようになりました。

妻が仕事に復帰すると、仕事と育児で、めちゃくちゃ忙しくなりメンタル的に厳しくなりました。

妻は、私がうつ病になる以前の家事分担を期待していたと思いますが、その期待値には到底届かなかったこと、また私のネガティブな感情を日々聞くことで、肉体的にも精神的に参ってしまいました。結果的に私も妻もうつ状態になるという、最悪の事態を迎えるに事になりました。本当は、絶対したらダメなのですが、私のデパスを妻がこっそり飲むみたいなこともありました。

この時の経験は以下の通り。ですが、うつ病は周りの人に過度の負担を強いることで、家族や親しい人にも伝染していきます。あなたを、支えてくれる大切な人であれば、あるほどその傾向(伝染力)は強いと言えます。

うつ病で家庭崩壊にならない方法(いろんな人からのサポートが必要です)

うつ病のようなネガティブな感情だけでなく、ポジティブな感情も伝染します

心理学者ダニエル・ゴールマンによれば「感情は風邪のように広まっていく」といいます。

しかも「感情的なつながりが長く深い間柄ほど、その感染力も強くなる」ということなので、ポジティブな感情ならいいものの、うつ病のような、ネガティブな感情、怒りや憎しみも伝わっては大変です。

ポジティブな感情とは、どういったものが該当するのでしょうか?私は、自分が知らず知らずの内に笑顔になること、笑顔が無理なら穏やかな表情になるような状況又は行動だと考えています。

私の場合は、家族である、妻や子供たち(娘2人と息子1人)いつも喜びの感情をもらっています。家族が心理的なプレッシャーにもなりますが、毎日、家の中を明るく、にぎやかな雰囲気で満たしてくれます(しょっちゅう、兄弟げんかするので、イラっとすることもありますが)。

まだ、小さな息子に対しては、絵本を読んであげています、子供はニコニコしながら聞いているだけですが、私までなぜだか幸せな気持ちになれるのです、精神を安定させてくれる効果があるようです。

MEMO
家族を笑顔は、精神の安定に効果がある。私の場合は、子供への絵本の読み聞かせが、精神の安定に効果がありました。

家族や親しい人にポジティブな影響を与え続ければ、うつ病の改善につながります

あなたのそばにいる人は、あなたにポジティブな気持ちを分けてくれますか。あなたが、家族や親しい人にポジティブな気持ちを分けるのであれば、その気持ちは必ずあなたに返ってきます。「ミラーニューロン」という言葉を聞いたことがありますか?他人を褒めて、その他人の喜びを自分の喜び、ニューロンは認識するようにできているそうです。

家族や親しい人に、ポジティブな影響を与えること、そうすれば、あなたの環境は、ポジティブで満たされ、それがあなた自身の精神を安定させ、うつ病の再発予防に必ずつながります。(ポジティブな環境下で、うつ病になることほど難しいことはありません。)

ミラーニューロンのすごいところ
眠そうにしている人を見て、自分も眠くなることはありませんか?これはミラーニューロンの影響です。人は誰しも無意識のうちに、周りの人の感情をトレースするようできているそうです。このミラーニューロンの特質を活用すれば、あなたの環境をよりポジティブにすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です