【完全攻略】昇進試験対策って何を勉強すればいいの?合格までのロードマップを解説

完全攻略

昇進試験を受けるにあたって、何を勉強すればいいのか?何に備えればいいのか?

この記事は、受験資格に達したけど、実際に何をすればいいのか分からない方、効率よく試験に備えたいと考えている方をターゲットに書きました。

昇進試験も高校・大学の入試と同じで、取り組むべき順序がありますが、この取り組むべき順序は誰も教えてくれません。全体像を把握しないままに、いきなり過去問をバリバリ解いても、遠回りするだけです。

まず、昇進試験を受けるにあたって、試験の特性を理解したうえで、準備に取り掛かりましょう。

昇進試験の特性

  1. 試験前に、昇進させる対象者がほぼ決まっている

    志望動機とこれまでの人事評価で、昇進させたい人材の順位が既にできています。
    昇進試験は、あくまで最終チェックの試験なのです。
    人事評価(勤務評価)>昇進試験結果であることを理解しましょう。
    仮に、人事評価が高くないのであれば、そちらを高める方が昇進の近道です。

  2. 昇進試験は短期決戦

    時間を掛ければ合格率がアップする試験ではないです。1~2カ月、効率よくキッチリ備えれば合格圏内に到達します。

  3. 受験回数が増えると不利(多浪は受からない)

    組織は、成果を上げた人、その職位に対する資質を持っている人を昇進させたいと考えています。大学受験と異なり、多浪は、不利にしかなりません。
    悪くても2回目で試験にパスできないと、それ以降は受けても恐らく合格しません。

    組織によっては、チャレンジ加算というものもありますが、試験に落とす=その時点で昇進させたい人材ではなかった。』という評価が確定しているということを忘れてはいけません。
    トータルで考えると、『受験回数〇回目』という実績と年齢によって、チャレンジ加算は相殺どころか、評価がマイナスされます。

今、このページをご覧になっている方の大部分の方が、受験1~2回目の方だと思います。

逆にそれ以上の複数回受験の方は、昇進試験対策を頑張るだけでは、恐らく受かりません。

勤務評定をあげてから、再チャレンジすることをおススメします(試験をパスするために費やす努力に対して、成果が得られる可能性が著しく低いからです。月並みな表現だとコスパが悪いのです。)

それでは、昇進試験に合格するまでのロードマップを一緒に見ていきましょう。

【STEP1】受験資格をチェックしておく

管理職試験の要件ですが、意外と頻繁に見直しがなされます。必ず、受験資格と試験内容は、チェックしておきましょう。

社内の掲示板等にオープンな情報として共有されているはずです。

しば

うちの会社でもコロナの影響で面接試験がなくなり、代わりに、論文試験が実施されることになりました。

もしあなたが、受験資格を満たしている場合、あなたの直属の上司が伝えてくれると思いますが、得てしてそれは出願ギリギリであることが多いです(上司はあなたが、受験資格の有無を、知っていると思って行動しているので)。

なお、要件がこまめに見直される理由は、昇進試験が、今組織にとって必要な資質を有している人材に、ポストを割り当てるための試験だからです。

ポストが少なければ、受験資格の要件をキツくして、母数である受験者の数を減らそうとします(年齢要件がコロコロかわるのは、このためです)。

しば

ちなみに急に、私の場合、会社が急に年齢要件が2歳引き下げたために、ノーマークで、上司から試験申し込みの1週間前に知らされて、迷いまくったことがあります(子供が小さかったので、どうしようかと迷いました)。

【STEP2】自分は、本当に昇進したいのか?答えを出す

今さらですが、昇進試験に合格することはゴールではなく、スタートです。

あなたが目指す職位で本当にやりたいことがあるのか?その職位に魅力を感じているのか?自分の正直な気持ちを再度確認する必要があります。

特に管理職を希望する場合は、このそもそもの部分を明確にしておかないと、面接試験や筆記試験で一貫した答えが出せなくなってしまうため、時間をかけて取り組むべき部分です。

実際に管理職の仕事を職場の上司を通して、管理職の仕事を理解できればいいのですが、それが難しい場合は、書籍を活用しましょう。

関連記事【1年目の新米管理職・課長向け】マネジメント本 ランキング|知識で経験不足を補おう

1つのシグナルですが、あなたの直属の上司の仕事のやり方をみて、『自分だったら、こうするなぁ』、『指摘するほどでもないけど、このやり方は好きじゃない』といった気持ちが湧いてきたなら、昇進試験を受験するタイミングです。

ちなみに、管理職の場合、その役割は「チームを使って成果を出す」の一点に集約されます。

マネジメントも、利害調整能力も、人材育成も「他人を使って成果を出す」ためにやっているにすぎません。

この本質を理解したうえで、管理職試験を検討している方は、なぜ管理職になりたいか、あたらめて自分と向き合ってみてください。以下の記事に、どうすれば自分のモヤモヤした気持ちを言語ができるか、まとめたので参考にしてください。

参考記事なぜ管理職になりたいか?昇進したい理由の整理方法|必ず自分の言葉で表現しよう

しば

私は、昇進試験を決めた理由は、逆説的な理由で、『今の職位のまま20年、30年、同じメンバーと同じような仕事を続けるのが嫌だった』からです。

【STEP3】過去問を入手する。分析する。

次のステップは、『過去問をできるだけ、たくさん入手して、その傾向を分析する。』です。特に集める必要があるのは、前述した、社内の掲示板にアップロードされているような、試験問題の情報ではなく、面接試験の内容です。

直属の上司や自分より先に昇進した同期にお願いして、出来るだけ集めましょう。結局、試験の類は情報戦なので、たくさん情報があれば、準備を効率的に進められます。

しば

ちなみに、私が上司からもらって一番助かったのは、過去の合格者の志望動機と過去に質問された面接のQAです。一般的なことしか聞かれないことが分かったので、安心につながりました。

過去問が集められたら、しっかり分析してください。どの分野のどの問題が出ているのか、どんな傾向があるのかが把握できれば、出題率の低い分野は勉強しないという戦略を立てることができます。

分析

しば

私の場合だと分析の結果、ほぼ毎年、人事評価に関すること、ハロー効果とかピグマリオン効果などが筆記では出題されていることが分かったので、そこら辺は、キッチリ確認しました。

【STEP4】志望動機・自己PRを作成する

ここまで来たら、志望動機を自分のコトバで書き始めましょう。

志望動機は、面接時に試験官が熟読し、その内容に沿った質問をするケースが多いため、いい加減な志望動機を提出すると、面接に悪影響がでてしまいます。

もし、昇進試験に面接がないとしても、自分がどのようなスキルを持っているのか、管理職に昇進すれば、どのような成果が生み出せるのかをしっかり記入して、他の志望者と差別化する事が大切です。採点する側(経営層)の記憶に残らないと、昇進できません。以下の記事を参考に自分の手を動かしてみてください。

関連記事【例文つき】管理職への昇進試験|志望動機・自己PRの書き方

関連記事 【例文つき】主任・係長等のリーダー職への昇進試験|志望動機・自己PRの書き方

【STEP5】頻出のテーマ・キーワードを押さえておく

志望動機が完成したら、個々の試験対策を実施します。

時事的な用語、昇進試験で良く聞かれるであろう、マネジメントに関するキーワードを理解しておくことから始めましょう。過去問を分析した結果をフル活用して、頻出分野だけ押さえましょう。

筆記試験の配点は小さいケースが総じて多いため、時間的に余裕がない場合、この分野は飛ばして構いません(捨ててしまいましょう)。

筆記試験、面接試験、論文試験etc.etc、組織によって課される試験内容が異なると思いますが、大切なことは、どんな試験内容であっても、志望動機の軸からは、絶対にズレてはいけないということです。

もし、あなたの上司が、コロコロ主張が変わる人間だったらどうですか?困りますよね。

組織は、一貫性のない人間を昇進させることはありません。

しば

冒頭の、ハロー効果やピグマリオン効果といったキーワードは、私も管理職試験の際に初めて学習しました。

関連記事 【昇進・昇任試験 筆記対策】時事・教養分野の最重要キーワード27選

関連記事 【昇進・昇任試験 筆記対策】労務分野の最重要キーワード12選

作成中 【昇進・昇任試験 筆記対策】管理(マネジメント)分野の最重要キーワードを解説します

作成中 【昇進・昇任試験 筆記対策】人事分野(人材育成)の最重要キーワードを解説します

【STEP6】管理職への昇進試験の参考書をさらっておく

この分野は、時間的に相当余裕がある人や試験で高得点を取らなければならい人のみチェックしてください。

通常の受験者は、この分野を準備する必要は全くありません。

管理職試験の参考書は、意外に少なくて、メジャーどころだと以下の2冊になります。参考記事にて、各書籍のエッセンスだけ抽出して分析しているので、まずはそちらを読んでいただければ。

昇進・昇格試験実問集  一般常識問題からプレゼン型試験を分析

参考記事【昇進試験 対策本】読む価値あり『昇進・昇格試験実問集 | 一般常識問題からプレゼン型試験まで』を解説します

事例研究 管理者のための昇進・昇格試験突破法

参考記事【昇進試験 対策本】読む価値ナシ『事例研究 管理者のための昇進・昇格試験突破法』を解説します。

【STEP7-個別対策】小論文の頻出分野を押さえて、実際に書いてみる

繰り返しますが、管理職の昇進試験は、限りあるポストを誰に割り当てるかを決めるための試験です。絶対評価ではなく相対評価で昇進する・しないが決まります。

試験の本質を考えると、小論文の試験内容は、『志望者を一律の基準で評価ができるようなテーマ』が設定されるという答えにたどり着きます。

つまり、誰かが有利・不利になるようなテーマではなく、どんな部署にも当てはまるような、テーマしか基本は出てきません。(エンジニアの方の場合は、例外として、複数ある専門用語の中から自分でテーマを選択して論じるパターンもありますが、レアケースです。)

頻出するテーマをまずは押さえましょう。

関連記事【まとめ】解答例文つき 頻出テーマ10選 昇進・昇格試験(小論文編) 

皆さんの会社の昇進試験でどのようなテーマで出題されたかを過去問を確認してみてください。大体に似たようなテーマが出題されているのではないでしょうか?

【STEP8-個別対策】面接試験に備えて、自分専用のQ&A集を作成する

面接試験を受けるにあたって、大切なことは『厳選された自分だけのQ&A』を作成し、プレッシャーのかかった場面でもスラスラ言えるように『完璧に暗記』することが合格への近道です。

管理職試験の面接で聞かれる質問は、あなたが組織の目標達成に本当に寄与できるのか?という観点からおこなわれるので、ほぼ決まっています。

なので、完璧な想定問答集ができれば、恐れることはありません。参考記事にQ&A集を掲載しているので参考にしてください。少しカスタマイズすれば、あなたの組織でも充分通用すると思います。

面接試験 成功のカギ

質問されるポイントは決まっている。『厳選された自分だけのQ&A』を『完璧に暗記』する。中途半端な暗記は言葉を詰まらせるだけなので逆効果。

関連記事【厳選Q&A 23問】管理職への昇進試験・昇格試験における面接試験回答例

まとめ

最後に、時間が全くなくて、全部には手が回らないという方にアドバイス。

昇進試験は短期決戦で、合格点に到達すればよい試験です。100点を目指す必要はない試験です。

まずは、志望動機に一番時間をかけてください。その次に、一番配点の大きい分野だけを勉強してください。その他の分野は捨てる覚悟を持ちましょう。

志望動機は、昇進試験の根幹です。この部分の良し悪しが、他の分野の点数に大きく影響します。

みなさんの試験結果が良いものであることを祈っています。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です