シリーズどれがおすすめ?『夢をかなえるゾウ1~4』|名言から学べるランキング

ゾウ

夢をかなえるゾウとは?どんな本

一言でいうと、娯楽的な要素がふんだんに詰まった、笑いながら読める全く新しいジャンルの自己啓発本です。

これまで、どちらかといえば堅苦しくなりがちだった、自己啓発書の分野に笑いや娯楽的要素を取り入れた、全く新しいジャンルになります。

楽しく笑いながら、ゆるく学ぶことができます。

学びを重視する人は、シリーズ1と4が特におすすめです。

ちなみにメインターゲットは大学生~30代前半くらいの比較的若い世代の方をメインターゲットにして書かれていますが、私のようなアラフォー世代の人間にも響くところはたくさんあるので、読んで損はありません。

ストーリーは、関西弁をしゃべる神様ガネーシャが、社会や仕事、人生について悩む主人公に対して、様々な課題を出しながら成長を促すといった流れとなっており、体系に沿った自己啓発本というよりは、章ごとにワンテーマを扱うといった形で娯楽的な要素が前面にでています。

しば

シリーズ4だけ少し毛色が違っていて、「夢をあきらめる事・最愛の人との別れ」がテーマになっており、子育て世代や中高年にもドンピシャな内容です。

とにかく全シリーズとも楽しく学べます。

『夢をかなえるゾウ1~4』|名言から学べるランキング

若干好みの部分もあるかもしれませんが、シリーズどれも読みやすくて、面白い。

娯楽の部分は甲乙つけ難しといった感じなので、自己啓発という観点から評価していきます。

ガネーシャの教えの濃度(自己啓発的な要素)とそれが自分の生活や行動に取り入れることができそうか?という視点で見た場合、それぞれのシリーズには優劣の違いがあります。

冒頭にも書きましたが、学びの密度で見た場合、シリーズ1と4がおススメです。

逆に時間のない人はシリーズ2は、ガネーシャの名言の質も低いし、読まなくてもいいかなぁ・・・と思います。

夢をかなえるゾウ1

名言まとめ

  1. 「本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。意識やのうて「具体的な何か」を変えなあかん。具体的な、何かをな」
  2. 「自分にとってうれしゅうないことが起きても、とりあえずでもええから「運が良い」で思うんや。口に出して言うくらいの勢いがあってもええで。
    そしたら脳みそが勝手に運がええこと採し始める。自分に起きた出来事から何かを学ぼうと考え出すんや。そうやって自然の法則を学んでいくんや」
  3. 「ええか? よう聞いとけよ。どないしたらうまくいくか、どないしたら成功できるか、実は、みんな心の底では分かってんねん。
    自分かて今の会社でどないしたら出世できるか、どないしたら給料上がるか、本当はなんとなく分かってるやろ。でもやれへんのや。なんでや?
    それは、『面倒』だからや。世の中のほとんどのやつらが凡人やってんのも、そいつらが『面倒臭がり』やからや。それだけなんや!」

 

評価まとめ

夢をかなえるゾウ1の評価
読みやすさ
(4.0)
気づきの多さ
(4.0)
おっさんにも刺さるか
(3.5)
すぐに行動に取り入れられるか
(3.5)
総合評価
(4.0)


夢をかなえるゾウ2

名言まとめ

  1. こうして子どもの頃にもらった『お駄賃』が、アルバイトの「時給』になり、会社の『給料』になります。
    すると給料の範囲内でしか仕事をしませんし、仕事をできるだけ減らそうと考えるので給料が増えることはありません(貧乏神の教え)。
  2. 仕事、お金、人間関係、幸せ……人間の悩みなんちゅうのはいつの時代も同じや。
    そんで本ちゅうのは、これまで地球で生きてきた何億、何十億ちゅう数の人間の悩みを解決するためにずっと昔から作られてきてんねんで。
    その「本でも解決できへん悩みちゅうのは何なん? 自分の悩みは地球初の新種の悩みなん? 自分は悩みのガラパゴス諸島なん?」

評価まとめ

夢をかなえるゾウ2の評価
読みやすさ
(4.0)
気づきの多さ
(3.0)
おっさんにも刺さるか
(3.0)
すぐに行動に取り入れられるか
(3.0)
総合評価
(3.0)


夢をかなえるゾウ3

名言まとめ

  1. この世界はな、自分がどこまで『知る』かを、自分で決められるようにできてんねん。自分はこの先の世界をもっと知りたいんか、それともここで止めるんか。
    それを決めることができるんは自分だけや。
  2. 「仕事を選ぶとき一番大事にせなあかんのは、これまでの人生で自分が何に感動したかちゅうことや。そんで自分が受けた感動を、今度は人に伝えたい、伝える側に回りたい、そう思たとき人は自然な形で仕事ができるんやで。
    せやから最初は「お客さん」なんや。お客さんとして感動したことを仕事にして、自分と同じようなお客さん一杯作んねん」
  3. 「人間にとって、自分で考えて工夫していくんはめっちゃ楽しい作業なんや。それはゲームしたりテレビドラマ見る以上に楽しめるんやで。
    せやけどほとんどの人は、仕事をそういう形まで持っていけてへん」

評価まとめ

夢をかなえるゾウ3の評価
読みやすさ
(4.0)
気づきの多さ
(3.5)
おっさんにも刺さるか
(3.0)
すぐに行動に取り入れられるか
(3.0)
総合評価
(3.5)


夢をかなえるゾウ4

名言まとめ

  1. 人に迷惑をかけられないのは、自分が何を恐れているからや。
    評価が下がることや、この人はダメだと思われたくないから、人に迷惑をかけることを恐れているんや。
    人の評価を大切にしすぎると言う事は、自分が本当に大事にしなければいけないものを、見失ってしまうことでもあるやで。
  2. もし正しい教えが、必ず人を正しく導くんだとしたら、この世界に、正しい教えが現れた時点で、みんな正しい行いができるようになるはずや。
    だけど、そうはなっていないやろ。
  3. 世の中では、偉大な仕事をした人は、夢を叶えた人と思われているけれど、本当は違う。どんな偉人にも、叶えられた夢と、叶えられなかった夢があるねん。
  4. 夢を叶えるために、もっと頑張ればよかったと後悔する人は、ビールが飲みたいなと思って、仕事を早めに切り上げて、飲んだビールの旨さを忘れている。
    努力して偉大な仕事をするのも、ビールを飲んで酔っ払って、家でごろごろしたりするのも、同じ人間の欲求。つまり夢なんやで。
  5. ある夢にこだわって実現しようと努力し続けるのは、素敵なことやけど、その夢に縛られて不幸になってしまうなら、手放さなあかん時もある。
  6. 夢の叶え方と、夢の手放し方の両方を学び、選べるようになる事は、後悔しない人生を送る上で、最大の助けとなるねん。夢に縛られる苦しみから解放されるねん。どちらの道にも進むことができるねんで。

評価まとめ

夢をかなえるゾウ4の評価
読みやすさ
(4.0)
気づきの多さ
(4.0)
おっさんにも刺さるか
(4.0)
すぐに行動に取り入れられるか
(3.0)
総合評価
(4.5)


 

30代以上におススメ、シリーズ4

シリーズの中で、一番残酷で一番現実的な「夢を叶えるゾウ4」。

これまでのシリーズは、ターゲットが若者寄りだったけど、4は、しんどい思いをしてきた30代以上の方が刺さると思います、いつの間にか自分を物語の中に投影し、学んでしまいます。

これまでの1から3までのシリーズの共通事項は、「幸せになるには、夢を実現するべき、夢を追い続けるべき」だったのに対して、4では、「幸せになるには、夢を手放すことも必要」という正反対の考え方にに軸足を置いて物語が展開されていきます。

『あきらめること』、『受け入れること』については、人生で様々な経験をしてきている世代にとにかく刺さります。

自分の生い立ちや家族構成とも被る部分もあって、私自身も共感できることがありました。

どれを読むか迷ったら、まずは4がおススメです。

読書習慣のない方にはオーディオブックorオーディブルをおススメします

本を読む時間のない人は、耳で隙間時間に聞ける、オーディオブック(蔵書数2万3千冊)又はオーディブル(蔵書数40万冊)のどちらかをおススメします。

オーディオブックは、750円で冊数無制限で聞けますが、聞き放題になっているタイトルはかなり限定されます。

オーディオブック|聞き放題プラン月額750円夢をかなえるゾウは、聞き放題対象外です。

Amazonのオーディブルは、月額1,500円で冊数が限定されますが、圧倒的な蔵書から選択する事が可能です。

amazon|オーディブル月額1,500円 30日無料夢をかなえるゾウ1~4全て揃っています。

夢をかなえるゾウの問題点 夢の押し売りが正直しんどい・・・

夢をかなえるゾウは、基本的に主人公が夢をもっているけど、実現できないという状況から物語がスタートします。

夢があることが前提なのです。(4だけ異例で夢を探して、見つけて、諦めるというストーリーです。)

「夢を仕事にしなさい」は、真理ですが、それを実現できている人はどれくらいいるのでしょうか?

参考記事

かくれんぼ 好きなことを仕事するのは難しい、今の仕事を好きになる方法

本書では、主人公がとにかく前向きです。

物語の性質上、そうならざるを得ないことは、分かっているのですが、私のような夢を一旦諦めた人間からすると、その思考・行動力は、まぶしすぎます。夢をあきらめた自分と比較してしまい、ちょっぴり劣等感をいだいてしまいます。

そもそも仕事をしている人の多くにとっては、夢を見つけることの方が大変です。日々の仕事や育児で終われ、自分が何が好きだったかさえ、思い出せないのではないでしょうか?

夢を持っていることが前提となっているシリーズ1~3は、夢がない人にとっては、感情移入しづらく、頭に入ってこないかもしれません。

夢がなくても、幸せに生きるとは何か?そんな哲学的なところまで行き着いた方は、こちらの書籍もおススメです。


しば

自己啓発書の入門書として、おすすめな「夢をかなえるゾウシリーズ」。まずは、1と4から読み始めて、効率よく、発見や新しい学びを得てみませんか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です